MENU CLOSE

未収金への対応について

熊本市民病院 → ご来院の方へ → 未収金への対応について

未収金への対応について

 当院における医療費につきましては、多くの場合速やかにお支払いいただいておりますが、再三の請求にもかかわらず、長期にわたってお支払いいただけない事例もあり、未収金の発生は病院経営を困難にする要因となっております。

 当院では、病院経営の健全化と、医療費をお支払いいただいている患者さんとの公平性の確保のために、下記の通り未収金への対応に取り組んでおりますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

外来受診時にマイナ保険証等の提示がなかった場合について

 適正な保険請求を行うためには患者さんからマイナンバーカード(以下、「マイナ保険証」)又は、健康保険証を提示いただく必要があります。

 提示がない場合は、当日の診療費については全額(10割)をお支払いいただきます。

 なお、全額(10割)お支払いいただいた場合、マイナ保険証又は、健康保険証をご持参いただいた時点で、差額を還付いたします。

※健康保険証は令和6年12月に廃止される予定です。早めにマイナ保険証へのお手続きをお願いします。

退院前の事前精算について

 当院では、退院前日までに入院費の概算金額をお伝えしております。

 退院日には、事前に入院費をお支払いいただき、病棟で領収証を確認させていただいた後に、退院のご案内をさせていただきます。

未収金の回収について

 当院では、医療費未収金の回収を「弁護士法人 館野法律事務所」に委託しております。

当院からの医療費の請求にも関わらず、お支払いをされていない方には「弁護士法人  館野法律事務所」からご連絡をいたします。

 

  【委託先】

   (名称)   弁護士法人 舘野法律事務所

   (所在地)  東京都渋谷区渋谷2-16-8南雲ビル2階・4階

   (代表者氏名)弁護士 舘野 完

法的手続きについて

 弁護士法人からのご案内にも関わらず、お支払をされない場合は、簡易裁判所に対して支払督促の申し立て手続きを行います。