MENU CLOSE

がん診療部

熊本市民病院 → 診療科・部門 → 部門 → がん診療部

特色

 がん発生に重要なドライバー遺伝子が判明し分子標的治療薬の開発が進み、最近は免疫チェックポイント阻害剤が多くのがんで適応になりがんの治療は変わってきました。がんは手術、放射線、化学療法、免疫療法、緩和ケアを組み合わせて治療を行いますが、当院ではがん診療部に外来化学療法室、がん相談支援室、緩和ケア室、がん登録室があり、一人一人のがん患者さんの状態を把握し、患者さんのQOL(人生の質)を向上できるようにサポートしていきます。医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、理学療法士、管理栄養士などのスタッフと協力してチーム医療を行います。

業務内容

 ベット7床+イス3床あり、専任の看護師、薬剤師がおり、外来で安心して化学療法を行う体制を整えております。 

緩和ケア室

 医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなど多職種による緩和ケアチームをつくり、かかりつけの医師、在宅医療や緩和ケア病棟に関わる医師と連携して患者さんや家族にとってよりよい治療やケアがないかを検討し、支援します。

がん相談支援室

 患者さんや家族の思いに寄り添い、がん、療養、セカンドオピニオン、就労支援などの情報の提供、相談を行います。

がん登録室

 入院、外来での院内がん登録を行い、当院で対応したがん患者さんの数、治療内容の登録を行います。 

スタッフ紹介

 部長  

岸 裕人 (がん診療部長)
Hiroto Kishi