MENU CLOSE

がん診療部

熊本市民病院 → 診療科・部門 → 部門 → がん診療部

特色

 がん発生に重要なドライバー遺伝子が判明し分子標的治療薬の開発が進み、最近は免疫チェックポイント阻害薬が多くのがんで適応になり、がんの治療は日々進歩しています。がんは手術、放射線、化学療法、免疫療法、緩和ケアを組み合わせて治療を行いますが、当院ではがん診療部に外来化学療法室、がん相談支援室、緩和ケア室、がん登録室があり、一人一人のがん患者さんの状態を把握し、患者さんのQOL(人生の質)を向上できるようにサポートしていきます。医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、理学療法士、管理栄養士などのスタッフと協力してチーム医療を行います。

業務内容

 外来化学療法室は、2階の外来スペースの一部にあります。主に、外来でのがん患者さんの薬物療法を行っています。ベッドが7つとリクライニング可能なイス3つを使用して加療を行っています。ベッドとイスは、患者様の希望にて対応していますが、最近のがん薬物療法では、複数の薬剤併用療法が主となっておりますので、点滴時間も4時間以上となることも多く、患者様からはベッドでの加療を希望されることが増えています。新病院以後、段々と、がん患者さんも増えてきており、それに伴い、外来化学療法室で加療する患者様も増加しています。2020年4月1日から5月31日までの外来化学療法室にて治療を受けた患者様の延べ人数を集計してみました。

 

延べ患者数 126人
稼働日 39日
1日平均患者数 3.2人/日

 

 現在までに1日の最大患者数は9人でしたが、平均では3.2人でした。他の病院の外来化学療法室では、予約取得が大変だと聞いており、その点では当院の外来化学療法室は余裕がありますので、希望する治療スケジュールでのベッド予約が可能です。また、長時間の治療に対しても対応は可能です。

 上記期間中のがんの部位別集計をしますと以下の通りです。

 

臓器別 延べ人数
血液悪性腫瘍 47人
消化器悪性腫瘍 23人
乳腺悪性腫瘍 23人
婦人科悪性腫瘍 13人
呼吸器悪性腫瘍 10人
泌尿器悪性腫瘍 10人
合計 126人

 

 血液悪性腫瘍に対しては、地震後も外来化学療法を継続していたこともあり、最も多い人数となっていますが、新病院からがん薬物療法を開始した他の臓器の悪性腫瘍も増えてきています。ほぼ全ての領域のがんに対して薬物療法が行われている状況です。ちなみに、同期間の入院化学療法の延べ人数は、91人であり、各臓器の悪性腫瘍に対して治療が行われていました。当院のがん薬物療法の特色としては、以下の点があります。

  • ほぼ全ての臓器の悪性腫瘍に対応できる事
  • 皮膚科や歯科口腔外科など診療科が揃っていることにより、有害事象対応が院内で解決する事

 がんの診断や治療に関して、気軽に当院にご相談下さい。他院でのがんの診断や治療に関して当院でセカンドオピニオンを聞くことはできますし、また当院でがんの診断や治療を行っておられても他院でセカンドピニオンを聞くことは可能です。

緩和ケア室

 医師、看護師(緩和ケア認定看護師、患者サポートセンター)、薬剤師、理学療法士、管理栄養士で多職種による緩和ケアチームで、毎週火曜日にカンファランス、ラウンドを行っております。かかりつけの医師、在宅医療や緩和ケア病棟に関わる医師と連携して患者さんや家族にとってよりよい治療やケアがないかを検討し、支援しています。2020年4-5月新規患者さんは13人(延べ36人)で、消化器内科6人、呼吸器内科2人、耳鼻咽喉科、脳神経外科、乳腺内分泌外科、産婦人科、泌尿器科がそれぞれ1人でした。

がん相談支援室

 患者さんや家族の思いに寄り添い、がん、療養、セカンドオピニオン、就労支援などの情報の提供、相談を行います。

がん登録室

 入院、外来での院内がん登録を行い、当院で対応したがん患者さんの数、治療内容の登録を行います。

スタッフ紹介

 部長  

岸 裕人 (がん診療部長、緩和ケア室長)
Hiroto Kishi

 部長  

山崎 浩 (外来化学療法室長、がん登録室長)
Hiroshi Yamasaki