MENU CLOSE

ごあいさつ(病院事業管理者、院長)

熊本市民病院 → 熊本市民病院について → ごあいさつ(病院事業管理者、院長)

病院事業管理者のご挨拶

 熊本市病院事業管理者  水田 博志

 熊本市民病院のホームページにアクセスいただきましてありがとうございます。皆様方には、常日頃より本院に対してご支援を賜っておりますことに心より御礼申し上げます。

 

 本院は、「平成28年熊本地震」により本来の病院機能の大半が失われた状態にありましたが、令和元年10月1日、新たに東町の地で新病院を開院いたしました。地震以来3年半にわたり、患者さんおよびご家族、他の医療機関の皆様方に多大なご迷惑とご負担をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 新しく誕生した新・熊本市民病院は、「市民の生命と健康を守るために、安全で良質な医療を提供します」という理念のもとに、(1)女性と子どもに優しい病院、(2)専門性と総合力を活かした病院、(3)患者さんと誠実に向き合う病院、(4)地域の医療機関とともに歩む病院、(5)災害に強い病院を目指して日々の活動に取り組んでまいります。

 

 本院は、地域の基幹病院としての役割を担い、特に小児・周産期医療の分野においては、お母さんと幼い命を守る拠点として、高度な医療の提供に取り組んできました。また、二次救急告示病院としても、年間に約4000件を超える救急車搬送を受け入れてきました。新・熊本市民病院ではこれらの機能をさらに充実強化するとともに、地域の医療機関と緊密に連携して、生活習慣病やがんなどに対する質の高い急性期医療の提供に努めてまいります。また、災害に即応できる体制を整えるとともに、本院の使命である感染症医療に取り組んでまいります。

 

 新・熊本市民病院は「令和元年」という歴史的な年に誕生しました。この新しい時代にふさわしい病院として、患者さんやご家族から、またご紹介いただく地域の医療機関からも求められる病院となるよう、職員一同、最善を尽くしてまいります。皆様方には引き続きよろしくご指導、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

院長ご挨拶

 熊本市民病院 院長  髙田 明

 熊本市民病院は1946年、熊本市立民生病院としてはじまり、その後診療科の増設と増床を重ねながら規模を拡大し、診療機能を充実させながら市民の健康を支える地域の中核病院としての役割をこれまで担ってまいりました。しかし2016年4月に発生した熊本地震によって建物は甚大な被害を受け、多くの診療機能を失い、限られた診療しかできなくなりました。地震から3年半、新病院への移転再建をすすめ2019年10月1日に開院の運びとなりました。この間、患者さんやご家族からは沢山の励ましのお言葉をいただき、また、多くの方々のご支援ご協力を賜りましたことに対し、心より感謝申し上げます。

 新病院は免震構造で地上7階建て、屋上にヘリポートを配置しライフラインの多重化、鋼板製の受水槽や複数の非常用発電機など、災害に強い病院となりました。「市民の生命と健康を守るために、安全で良質な医療を提供します」という理念を掲げ、これまで担ってきた小児・周産期医療を継続するとともに、救急医療、急性期医療、政策医療においても専門性の高い医療を提供することで、市民の健康と福祉の向上に貢献してまいります。20年、30年先を見越して患者さんにとって利便性が高く、機能性に優れたすばらしい病院を目指して最大限の努力をしてまいります。

 

 当院のスタッフには地震後、医療救護活動や避難所の運営など様々な業務に携わっていただきました。また、県内外の医療機関への派遣研修や、市長事務部局へ出向し地震後の復興支援、仮設住宅やみなし住宅の市民の支援などにも従事していただきました。彼らには新病院の開院にあわせて再結集していただきましたが、それぞれの場で培った貴重な経験は新しい病院の発展にきっと大きな力となってくれるものと期待しております。

 

 新・熊本市民病院は、患者さんやご家族はもちろん、地域の医療機関からも信頼される病院となれるよう、職員一丸となって努めて参りたいと思いますので、皆様のご指導ご支援をよろしくお願い申し上げます。