MENU CLOSE

ごあいさつ(病院事業管理者、院長)

熊本市民病院 → 熊本市民病院について → ごあいさつ(病院事業管理者、院長)

病院事業管理者のご挨拶

 熊本市病院事業管理者  水田 博志

 

 熊本市民病院のホームページにアクセスいただきましてありがとうございます。皆様方には、平素より本院に対してご支援を賜っておりますことに心より感謝申し上げます。

 

 「平成28年熊本地震」により病院機能の大半が失われた熊本市民病院は、令和元年10月に新たに東町の地で新病院として再出発いたしました。

 新・熊本市民病院は、「市民の生命と健康を守るために、安全で良質な医療を提供します」という理念を掲げ、(1)女性と子どもに優しい病院、(2)専門性と総合力を活かした病院、(3)患者さんと誠実に向き合う病院、(4)地域の医療機関とともに歩む病院(5)災害に強い病院を目指して日々の活動に取り組んでいます。

 

 当院では、地域の医療機関と緊密に連携して、患者さんに切れ目のない良質な医療を提供していくことが責務と考えています。このため、「総合周産期母子医療センターを中心とした小児・周産期医療」、「24時間・365日断らない救急医療」、「生活習慣病やがんなどに対する専門的な急性期医療」、「災害医療や感染症医療などの政策医療」を診療の4つの柱として、診療機能の一層の充実を図り、高度で質の高い医療を提供できるように力を注いでまいります。また待ち時間の短縮など患者さんの利便性の向上に努めるとともに、患者サポートセンターを中心として患者さんやご家族が安心して治療を受け、早期に社会復帰できる支援に取り組んでまいります。

 

 コロナ禍という未曾有の事態の中ではありますが、地域の基幹病院として、患者さんやご家族にとっても、また地域の医療機関にとっても、信頼され、求められる病院となるよう、職員一丸となって努力をしてまいります。皆様方には引き続きよろしくご指導、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

院長ご挨拶

 熊本市民病院 院長  髙田 明

 

    熊本市民病院は1946年、熊本市立民生病院としてはじまり、その後診療科の増設と増床を重ねながら規模を拡大し、診療機能を充実させながら市民の健康を支える地域の中核病院としての役割をこれまで担ってまいりました。しかし2016年4月に発生した熊本地震によって建物は甚大な被害を受け、多くの診療機能を失ました。地震から3年半、新病院への移転再建をすすめ2019年10月1日に東区東町に開院の運びとなりました。この間、患者さんやご家族からは沢山の励ましのお言葉をいただき、また、多くの方々のご支援ご協力を賜りましたことに対し、心より感謝申し上げます。

 

 新病院は免震構造で地上7階建て、屋上にヘリポートを配置しライフラインの多重化、鋼板製の受水槽や複数の非常用発電機など、災害に強い病院となりました。「市民の生命と健康を守るために、安全で良質な医療を提供します」という理念を掲げ、これまで担ってきた小児・周産期医療を継続するとともに、救急医療、急性期医療、政策医療においても専門的な高度医療を提供することで、市民の健康と福祉の向上に貢献してまいります。

 

 開院以来、徐々に診療体制も整備してまいりました。2020年4月にMFICUの運用を開始し、従来の総合周産期母子医療センターとしての役割を担うことができるようになりました。屋上にヘリポートを配備したこともあり県外からの新生児搬入もスムーズに実施できております。また救急車の搬入件数も増加しており二次救急医療機関としても徐々に従来の機能を取り戻してまいりました。地震前は国指定のがん診療連携拠点病院でありましたが、新病院におきましては2020年4月に県指定のがん診療連携拠点病院に指定されております。さらには諸要件が整いまして、今年4月には地域医療支援病院の申請をしまして年内には取得を予定しております。これからも診療体制を更に充実させて、地域の医療機関との連携をより一層深めることによりシームレスで良質な医療提供体制の整備に努めてまいります。患者サポートセンターにおきましては、外来予約から入退院支援、各種相談などを一体的に行うことで、患者さん、ご家族が安心して治療を受けられ、早期に社会復帰ができるよう、多職種で支援を行っております。

 

 新型コロナウイルス感染症につきましては、まだまだ予断を許さない大変厳しい状況が続いております。これからも地域の医療機関の皆様と協力しながら、感染症指定医療機関としての当院の使命を果たして行く所存です。患者さんやご家族はもちろん、地域の医療機関からも信頼される病院となれるよう全力で努めてまいりますので、今後も皆様のご指導ご支援をよろしくお願い申し上げます。