MENU CLOSE

乳腺・内分泌外科

熊本市民病院 → 診療科・部門 → 診療科 → 外科系部門 → 乳腺・内分泌外科

特色

 乳がんは女性の悪性腫瘍の中で最も頻度が高い疾患です。当科では、乳がんの診断、手術、薬物療法などを専門とする「乳腺専門医」を中心として、看護師、薬剤師、放射線技師、検査技師、病理医、腫瘍内科医、放射線治療医および関連する診療科とともに「チーム医療」の体制を整えています。また、熊本大学病院との連携により、乳房再建術、がんゲノム、遺伝性腫瘍などの医療にも対応しております。

 甲状腺・副甲状腺疾患の外科治療におきましても、「内分泌外科専門医」が診療を行います。

 [

主な対象疾患

乳腺腫瘍(乳癌、良性腫瘍など)、良性乳腺疾患

甲状腺腫瘍(癌、良性甲状腺腫瘍)、バセドウ病の外科治療、副甲状腺腫瘍

アピールポイント

乳がんの診断、治療(手術、薬物療法、放射線療法)

乳がんの診断は、トモシンセシス(断層写真)の機能をもつ新しいマンモグラフィと熟練した技師の行う超音波検査、MRIなどの画像診断に加え、日本病理学会指導医・専門医による細胞・組織学的検査により、行われます。

 手術においては、外科医はいずれも外科専門医、乳腺専門医の資格を持ち、多くの症例を経験しております。乳房再建術においては現時点で形成外科医不在のため、熊本大学病院と連携して診療に当たります。

薬物療法においては、腫瘍内科医、がん専門薬剤師、化学療法認定看護師と協力して、標準治療を遂行いたします。また、放射線治療や歯科との連携診療、緩和ケア診療など関連部署ともチーム医療を実践して乳がん診療を行える体制が整っております。

甲状腺、副甲状腺疾患の外科的治療

 甲状腺、副甲状腺は重要な血管や神経が存在する前頚部に位置しており、手術に際しては正確な解剖学的知識と経験が必要です。スタッフは「内分泌外科(甲状腺外科)専門医」の資格を持ち、多くの症例を経験しております。

 また、放射性ヨード内用療法が必要となる場合、甲状腺がんに対する分子標的療法を行う場合などは熊本大学病院と連携して行います。

スタッフ情報

 科長 

林 光博 
Mitsuhiro Hayashi

  • 医師免許取得年度
    平成17年(2005年)
  • 専門分野
    乳腺外科、内分泌外科
  • 指導医・専門医・認定医
    日本外科学会専門医
    日本乳癌学会乳腺専門医
    検診マンモグラフィ読影医

 医師 

岩瀬 弘敬 (特別顧問)
Hirotaka Iwase

  • 医師免許取得年度
    昭和54年(1979年)
  • 専門分野
    乳腺外科、内分泌外科
  • 指導医・専門医・認定医
    日本外科学会専門医・指導医
    日本乳癌学会乳腺専門医
    日本内分泌外科学会内分泌外科専門医