MENU CLOSE

感染対策部(ICT、AST)

熊本市民病院 → 診療科・部門 → 部門 → 感染対策部(ICT、AST)

特色

 厚生労働省の感染対策指針に基づいた質の高い院内感染対策のため、感染対策部とICT(感染対策チーム)、AST(抗菌薬適正使用推進チーム)が中心となって活動しています。感染対策部は感染対策委員会との連携により院内の感染症発生状況の把握、分析、対策立案を、ICT、ASTは医療現場の指導、対応など実動的活動を中心に行っています。

業務内容

  • 微生物検査室よりMRSA、多剤耐性緑膿菌、ESBL産生菌などの耐性菌感染、結核、インフルエンザ、ノロウィルス感染などの発生状況について、情報の把握、指導、対応を行っています。
  • 中心ライン関連血流感染、カテーテル関連尿路感染等の医療器具関連感染サーベイランス、MRSA感染率のサーベイランスを実施し、感染症の発生状況を把握し、個人用防護具(ガウン、手袋等)、抗菌薬使用量、手指消毒剤使用量をモニターし、指標とすることで感染対策の実践が適切かどうかを評価しています。
  • 多職種のICTメンバーで定期的に院内ラウンドを行い、感染対策についての監視・指導を行っています。
  • 抗菌薬の使用状況を常に把握し、抗菌薬が適正に使用されるよう監視・指導を行っています。ASTとして、抗菌薬を使用している患者さんのラウンド・検討を行ない、より有効かつ耐性菌を増加させにくい抗菌薬の使用法の提案・指導しています。
  • 院内感染対策、抗菌薬適正使用に関して、職員を対象とした講習会を2回/年行っています。毎月ICTニュースを発行するなどの情報提供も行っています。
  • 感染対策マニュアルの整備・改訂・周知を行っています。

スタッフ紹介

 部長  

岩越 一 (感染対策部長)

Hajime Iwagoe

 

他のスタッフ

  • 感染管理認定看護師 1名
  • 日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師 1名
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師 2名