MENU CLOSE

小児外科

特色

 小児外科では鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、虫垂炎などの一般的な外科疾患はもちろん、泌尿器疾患(停留精巣、陰嚢水腫、包茎、尿道下裂)、漏斗胸などに対し、小児外科専門医が治療にあたっています。さらに、当施設には総合周産期母子医療センターがあり新生児外科疾患(食道閉鎖症、横隔膜ヘルニア、鎖肛、ヒルシュスプルング病など)の治療も多数行っています。

主な対象疾患

頭頚部

副耳、頚部襄胞・瘻孔、リンパ管腫、血管腫、舌小帯短縮症など

胸部

襄胞性肺疾患、気胸、膿胸など

腹部

胃食道逆流症、肥厚性幽門狭窄症、腸回転異常症、腸重積症、メッケル憩室、腸管重複症、ヒルシュスプルング病、便秘症、急性虫垂炎、腸管ポリープ、胆道閉鎖症、胆道拡張症、胆石症、卵巣腫瘍、尿膜管遺残症、臍ヘルニア、便秘症など

鼠径部~生殖器、肛門

鼠径ヘルニア、停留精巣、尿道下裂、陰唇癒合、乳児痔瘻など

新生児の病気

先天性食道閉鎖症、先天性横隔膜ヘルニア、肺の先天性胞性腺腫様奇形(CCAM)、先天性十二指腸・小腸閉鎖症、腸回転異常症、メコニウムイレウス、胎便性腹膜炎、臍帯ヘルニア、腹壁破裂、ヒルシュスプルング病、鎖肛(直腸肛門奇形)、総排泄腔外反など

アピールポイント

短期入院手術

 鼠径ヘルニア(脱腸)などの小手術については短期入院手術(2泊3日程度)を行っています。入院翌日に手術を行い、術後の経過が安定しているのを確認して退院して頂きます。

適応疾患 鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、臍ヘルニア、包茎、そのほか小手術
手術日 火・木曜
流れ 外来で診察を行い、手術日を決定します。術前検査(採血、心電図、胸部レントゲン)を行い、問題がなければ予定日に手術を行います。

体への負担が少ない手術方法(低侵襲手術)

 腹部手術(虫垂炎、胃食道逆流症、ヒルシュスプルング病など)では、心身への負担が少なく、傷跡も目立たない腹腔鏡手術を行っています。

 また、気胸手術や漏斗胸に対するNuss手術では、同じく負担を軽減するため胸腔鏡を使用しています。鼠径部からアプローチする鼠径ヘルニアの手術では0.5~0.8cmの大変短い切開創から短時間に手術する方法を行っています。

新生児外科手術

 新生児医療センターがあり、胎児診断症例や、低出生体重児、重篤な心疾患を持つ新生児の手術においても、産科・新生児内科・小児循環器内科・麻酔科などとの連携により、安全に治療が行われています。

スタッフ紹介

 科長  

山本 裕俊 (小児外科部長)
Hirotoshi Yamamoto

  • 医師免許取得年度
    昭和56年(1981年)
  • 専門分野
    小児外科、新生児外科、小児泌尿器、小児内視鏡外科
  • 指導医・専門医・認定医
    日本小児外科学会専門医・指導医
     

 医師  

奥村 健児 (小児外科医長)
Kenji Okumura

  • 医師免許取得年度
    平成13年(2001年)
  • 専門分野
    小児外科、新生児外科
  • 指導医・専門医・認定医
    日本小児外科学会専門医・指導医