MENU CLOSE

泌尿器科

熊本市民病院 → 診療科・部門 → 診療科 → 外科系部門 → 泌尿器科

特色

 泌尿器科では副腎、腎、尿管、膀胱、前立腺、尿道、男性性器の各領域の疾患に対し外科的治療(手術など)、内科的治療(薬物療法)を行っています。
 泌尿器がん(前立腺がん、腎がん、腎盂・尿管がん、膀胱がん)の手術では、がんの完全な切除・摘出を目的としながらも、術後の患者さんの生活の質を落とさないように、傷口が小さく早期の回復が望める腹腔鏡手術(前立腺がん、腎がん、腎盂・尿管がん)を積極的に行っております。特に前立腺がんに対する腹腔鏡手術は、早期の尿禁制をめざした手術手技の改良により術後の尿失禁は減少しています。腎結石、尿管結石に関しては、侵襲の少ない体外衝撃波結石破砕術(ESWL)やレーザーを使った尿路結石砕石術(内視鏡手術)を行っています。
 小児泌尿器科疾患は専門医が診療を担当いたします。小児泌尿器科とは、腎臓や尿路(尿管、膀胱、尿道)、精巣や陰茎などに病気をもつこどもを治療する分野です。多くは生まれつきの疾患ですが、成長に伴ってはっきりしてくるものもあります。こどもの成長や各種臓器の機能の発達を重視しながら、生活指導やお薬で様子をみる場合もあれば、外科的治療が必要なお子さんに対しては手術を行っています。夜尿症や様々な要因による排尿の問題に対しても対応いたします。
 神経疾患や加齢などによる排尿障害(尿勢低下、頻尿、尿失禁)に関しましては、検査を行いその要因を調べます。お薬や生活指導による治療が主体となりますが、効果があると考えられる場合には手術を行うこともあります。

医療機関の認定(学会認定研修施設等)

  • 日本泌尿器科学会認定施設

主な対象疾患

泌尿器がん

前立腺がん、膀胱がん、腎がん、腎盂・尿管がん、精巣腫瘍など

尿路結石症

腎結石、尿管結石、膀胱結石

小児泌尿器科疾患

先天性水腎症、膀胱尿管逆流症、停留精巣、包茎、尿道下裂、夜尿症など

副腎腫瘍

原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫

排尿障害

前立腺肥大症、過活動膀胱、尿失禁、神経因性膀胱など

尿路感染症

腎盂腎炎、膀胱炎など

アピールポイント

腹腔鏡手術、内視鏡手術、体外衝撃波結石破砕術を積極的に行っています。

  • 前立腺がん、腎がん、腎盂・尿管がん、副腎腫瘍、先天性水腎症に対し、開腹手術に比べ侵襲の少ない腹腔鏡手術を行っています。
  • 尿路結石(腎、尿管、膀胱結石)に対しては身体にメスを入れない、体外衝撃波結石破砕術(ドルニエ社DeltaⅢを新規導入)や経尿道的内視鏡手術(レーザー手術)を行っています。

小児泌尿器科疾患の専門外来を行っています。

日にち 火曜・木曜午前中
担当 里地葉先生

前立腺癌検診を行っています。

日にち 木曜午前中
  • 採血1時間後に結果をご説明いたします。

スタッフ紹介

 科長  

桑原 朋広 (泌尿器科部長)
Tomohiro Kuwahara

  • 医師免許取得年度
    平成3年(1991年)
  • 専門分野
    泌尿器科全般 泌尿器がん
  • 指導医・専門医・認定医
    熊本大学医学部臨床教授
    日本泌尿器科学会専門医・指導医
    日本内視鏡外科学会技術認定医
    泌尿器腹腔鏡技術認定医
    がん治療認定医

 医師  

中村 圭輔 (泌尿器科医長)
Keisuke Nakamura

  • 医師免許取得年度
    平成15年(2003年)
  • 専門分野
    泌尿器科全般 尿路結石
  • 指導医・専門医・認定医
    日本泌尿器科学会専門医・指導医

 医師  

里地 葉 (泌尿器科医長)
Yo Satoji 

  • 医師免許取得年度
    平成15年(2003年)
  • 専門分野
    小児泌尿器科、排尿障害、泌尿器科全般
  • 指導医・専門医・認定医

    日本泌尿器科学会専門医・指導医

    がん治療認定医機構癌治療認定医

 医師  

黒田 庄一郎 
Shoichiro Kuroda 

  • 医師免許取得年度
    平成29年(2017年)
  • 専門分野
    泌尿器科全般