MENU CLOSE

栄養管理部

熊本市民病院 → 診療科・部門 → 部門 → 栄養管理部

特色

医療を支える栄養管理

 栄養管理部では、医師の指示のもと患者さんの病態や症状に合わせた栄養管理に努めています。

チーム医療による栄養管理

 栄養サポートチーム(NST)や糖尿病透析予防チーム、各診療科の回診への参加など医師・看護師・薬剤師など他職種と連携し、患者さんの早期回復に取り組んでいます。

入院患者さんの栄養管理計画

 入院患者さんにひとりひとりに対して栄養状態の評価を行い、適した食事の提供が出来るように栄養管理計画書を作成し、栄養ケアに努めています。

業務内容

 超高齢化社会を迎えますます食の役割は大きくなりつつあります。

 患者さんの一日も早いご回復のために、病院食を美味しく食べていただき心と体を癒やしていただけるよう管理栄養士、調理師共々、心を込めて作っております。

 食事に関するご質問やご要望がありましたら、ご遠慮なく管理栄養士におたずねください。

栄養相談(入院・外来)

 医師の指示のもと病状やライフスタイルに応じてきめ細やかな相談を行っています。

 また、年々増加している糖尿病の重症化予防のため、医師・看護師とともに、糖尿病透析予防チームとして患者さんのサポートを行っています。

糖尿病教室

 市民の皆様を対象に、糖尿病教室を毎月開催しています(無料)

 毎月のテーマに基づき、医師・看護師・栄養士等が講師となり糖尿病や合併症について必要な知識を学ぶ教室です。

 詳しい日程などは随時『市政だより』に掲載しています。

安全で美味しい食事の提供

 治療の一環として病態や症状に合わせ栄養管理された治療食だけではなく、食物アレルギーや摂食嚥下機能の低下、治療による食欲低下などに対し、様々な食種、形態を用意し個別に対応しております。

 また、新生児病棟では栄養士が調乳作業を行っています。

お正月メニュー
クリスマスメニュー

スタッフ紹介

栄養管理部長

 部長  

櫨川 岩穂
Iwaho Hazekawa

栄養管理室長

 室長  

園田 亮子
Ryoko Sonoda

その他

  • 管理栄養士 5名
  • NST専門療法士 2名
  • 病態栄養認定管理栄養士 2名