MENU CLOSE

小児循環器内科

熊本市民病院 → 診療科・部門 → 診療科 → 小児・周産期医療部門 → 小児循環器内科

特色

 生まれつきの心臓病(先天性心疾患)を中心に、不整脈・心筋疾患・川崎病などすべての小児の心臓病が診療の対象です。

 患者さんは新生児・乳幼児から児童が主ですが、胎児や成人の診療も行なっています。当院には周産期母子医療センターがあり、重症な心臓病をもつ胎児の管理と新生児の治療を行います。また、小児心臓外科による手術が可能です。

 外来では心臓病疑いの紹介を受け、診断と治療と検診を行っています。

 ひとりの患者さんが複数の病気を抱えることも多く、当院の多くの診療科(周産期・小児グループ)の医師・看護師・臨床心理士が協力して診療にあたります。

医療機関の認定(学会認定研修施設等)

  • 日本小児循環器学会修練施設
  • 日本成人先天性心疾患学会連携修練施設

主な対象疾患

先天性心疾患

心室中隔欠損症・心房中隔欠損症・動脈管開存症・房室中隔欠損症・肺動脈弁狭窄症・大動脈弁狭窄症・大動脈縮窄症・大動脈弓離断症・僧帽弁狭窄症・三尖弁閉鎖症・ファロー四徴症・両大血管右室起始症・肺動脈閉鎖症・単心室症・完全大血管転位症・総肺静脈還流異常症・左心低形成症候群など 

後天性心疾患

  • 心筋症・心筋炎・川崎病性冠動脈瘤・感染性心内膜炎・心臓腫瘍など
  • 不整脈
  • 頻拍症・期外収縮・房室ブロック・洞機能不全・QT延長症候群など

アピールポイント

胎児診断から新生児の治療

 重症な心臓病を胎児期に診断することはスムーズな治療を行うために重要です。
 当院産科と共同して胎児心臓外来にて心臓病疑いの胎児をもつ妊婦さんをみています。
 出生後から治療が必要な場合は当院にて出産していただき、赤ちゃんは新生児集中治療室(NICU)で新生児内科と共同で治療を行います。

小児心臓手術

 当院は新生児から小児の心臓手術が行える熊本県では唯一の施設です。
 小児心臓外科と共同して術前後の診断と管理治療を行います。

成人先天性心疾患患者の診療

 先天性心疾患をもつ成人の診療を行なっています。

 今後は当院の循環器内科と共同で検診を行なっていき、最終的には移行する方向です。

 当院に成人先天性心疾患外来を開設しております。

スタッフ紹介

 科長  

八浪 浩一 (診療部長)
Kouichi Yatsunami

  • 医師免許取得年度
    昭和60年(1985年)
  • 専門分野
    小児循環器全般・胎児心臓病
  • 指導医・専門医・認定医
    日本小児科学会専門医
    日本小児循環器学会専門医
    日本成人先天性心疾患学会専門医施設指導責任者
     

 医師  

西原 卓宏 (小児循環器内科医長)
Takahiro Nishihara

  • 医師免許取得年度
    平成12年(2000年)
  • 専門分野
    小児循環器全般
  • 指導医・専門医・認定医
    日本小児科学会専門医
     

 医師  

中島 光一朗 
Kouichiro Nakashima

  • 医師免許取得年度
    平成17年(2005年)
  • 専門分野
    小児循環器全般
  • 指導医・専門医・認定医
    日本小児学会専門医
     

 医師  

堀 愛莉花 
Erika Hori

  • 医師免許取得年度
    平成28年(2016年)
  • 専門分野
    小児科一般