MENU CLOSE

消化器内科

熊本市民病院 → 診療科・部門 → 診療科 → 内科系部門 → 消化器内科

特色

 あらゆる消化器疾患を対象としています。対象となる疾患は、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、胆道、膵臓と幅広く、さらに全身疾患に伴う消化器疾患の診断と、安全で低侵襲性の治療に努めています。消化管出血に対する止血術をはじめ、早期胃癌や早期大腸癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、閉塞性黄疸に対しての内視鏡的治療(EST、ステント)、膵腫瘍性病変に対しての超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)、肝癌に対しての腫瘍血管塞栓術(TACE)などを行っています。また、クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、B型・C型肝炎、自己免疫性肝炎(AIH)、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と肝硬変の治療、原発性胆汁性胆管炎(PBC)と肝硬変の治療を大学病院と連携して行っています。当科の特徴は、外科、内科、放射線科、病理診断と緊密な連携のもと、合同カンファランスを行いながら、患者さんに最善の治療方針を決定し、速やかに治療が受けられるように心がけています。

医療機関の認定(学会認定研修施設等)

  • 日本内科学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本肝臓学会(熊本大学病院消化器内科との連携)

主な対象疾患

消化管出血(出血性胃潰瘍、出血性十二指腸潰瘍、マロリー・ワイス症候群、出血性逆流性食道炎、NSAIDS潰瘍、結腸憩室出血など)、早期胃癌、進行胃癌、早期大腸癌、進行大腸癌、胆嚢癌、胆管癌、胆石、総胆管結石性胆管炎、膵癌、膵嚢胞性病変、急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵内分泌腫瘍、肝細胞癌、転移性肝癌、B型肝炎、C型肝炎、自己免疫性肝炎(AIH)、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、原発性胆汁性胆管炎(PBC)、代償性肝硬変、非代償性肝硬変、食道静脈瘤、胃静脈瘤、クローン病、潰瘍性大腸炎、虚血性腸炎、ウイルス性腸炎、結腸憩室炎、逆流性食道炎、ヘリコバクターピロリ陽性胃炎、MALTリンパ腫、消化管悪性リンパ腫、後腹膜腫瘍、脾腫瘍など

アピールポイント

 どのような消化器疾患にも対応出来るように、他の内科系診療科と外科系診療科、放射線診断部門、病理診断部門と密接な連携を取りながら、速やかな診断と最善の治療方針の決定を行っています。上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査はすべて拡大内視鏡とNBI観察が行える体制です。超音波内視鏡(EUS)下の穿刺術(FNA)を毎日行え、診断と治療が一括して行えるように内視鏡センターが構築されています。

スタッフ紹介

 科長 

多田 修治 (診療部長)
Syuji Tada

  • 医師免許取得年度
    昭和58年(1983年)
  • 専門分野
    胃癌、大腸癌、炎症性腸疾患、肝疾患、膵疾患、全身性疾患
  • 指導医・専門医・認定医

    日本内科学会認定内科医・指導医

    日本消化器病学会専門医・指導医、全国学術評議員

    日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、全国学術評議員

    日本がん検診学会認定医
     


 医師 

小畑 雅寛 
Masahiro Obata

  • 医師免許取得年度
    平成20年(2008年)
  • 専門分野
    膵癌、膵嚢胞性病変、膵内分泌腫瘍、自己免疫性膵炎、消化器一般
  • 指導医・専門医・認定医

     日本内科学会認定内科医

     日本消化器病学会専門医

     日本消化器内視鏡学会専門医

     日本肝臓学会専門医


 医師 

持永 崇惠 
Takaho Motinaga

  • 医師免許取得年度
    平成22年(2010年)
  • 専門分野
    消化器一般、消化管内視鏡的治療、肝疾患、胆膵疾患
  • 指導医・専門医・認定医

     日本内科学会認定内科医