令和3年度 熊本市立熊本市民 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1061 312 395 567 579 751 1174 1714 1477 512
令和3年度の退院患者の人数を年齢階級別(10歳刻み)に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。令和3年度の当院全退院患者数は8,542名であり、特に多い年代は60歳代~80歳代で全体の約51%を占めております。0歳~も1,061名と多く幅広い年代構成となっております。
当院は令和元年10月に新病院に移転し、238床で開院いたしましたが、総合周産期医療、感染医療など高度な専門性を有する急性期病院としての責務を果たすため徐々に病床数を増やし、令和3年度は338床での運用となりました。
今後も地域の医療機関との連携を図り、効果的で効率的な医療提供に努めて参ります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 70 9.33 6.13 4.29 0.00
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等21あり 38 11.37 10.48 2.63 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 34 12.82 11.01 11.76 0.00
140010x497x4xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1000g未満) 手術あり 手術・処置等24あり 25 162.72 130.04 4.00 0.00
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等22あり 22 30.64 28.14 13.64 0.00
当院新生児病棟には年間350例ほどの入院があります。その中では正期産児の呼吸障害等が多くを占め、人工呼吸等の処置を必要とする児も多数入院します。当院では新生児の手術に熟練した小児心臓外科医、小児外科医、脳神経外科医、耳鼻科医、泌尿器科医、眼科医等と連携し出生したばかりの赤ちゃんの心臓や腸管などの手術を行うことが出来ます。特に心臓の手術が出来る施設は九州内でも限られており県外からも当院へ運ばれてくることもあります。当院には2500g未満の低出生体重児も入院しますが、その中でも1000g未満の児に関しては熊本県においてはほとんど当院で出生されます。正期産児に比べますと数は多くありませんが、高度な集中治療を長期間必要とし入院期間が月単位となります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 6.83 6.24 0.00 2.67
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 18 6.44 5.83 0.00 1.00
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 16 13.81 20.57 6.25 9.00
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 12 8.83 13.14 0.00 2.58
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 3.10 7.22 0.00 7.00
①喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
ゼイゼイ・ヒューヒュー(喘鳴)を伴う呼吸困難を主症状とする病気です。気管支拡張剤の吸入治療、ステロイド剤の注射、酸素療法などの治療を必要とします。
②急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし
発熱と痰がらみの咳嗽や喘鳴を伴う急性気道感染症です。抗生剤の注射、気管支拡張剤の吸入、酸素療法などの治療を行います。
③誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし
唾液や口腔内に逆流した胃内容物を気道に吸い込んでしまうことで発症する気管支・細気管支・肺胞の炎症性疾患です。重症心身障害のお子さんにおこりやすい病気です。治療は抗生剤の注射、吸入治療を行います。症状の重篤さにあわせてステロイド剤の注射、酸素療法や呼吸補助治療を行います。
④腎臓又は尿路の感染症 手術なし
膀胱より上流の尿路に細菌が感染する腎盂腎炎といわれる病気です。小児の重症感染症のひとつで抗生剤の経静脈投与を1〜2週間行います。
⑤てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
てんかんはけいれん発作をくりかえす慢性の病気です。けいれん発作が長時間続く(重積発作)ときは抗けいれん薬の注射・点滴を行います。
小児循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 56 3.07 4.14 0.00 9.91
14031xx19910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 25 3.52 4.39 0.00 0.00
14031xx003x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2なし 17 16.82 14.53 0.00 4.00
14031xx103x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2なし 15 17.87 19.89 0.00 0.00
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2なし 13 24.00 26.87 0.00 1.54
当院では熊本県で唯一、小児心臓外科による先天性心疾患の手術を行っています。心室中隔欠損症、心房中隔欠損症をはじめ、その他の様々な先天性心疾患の治療を小児心臓外科、新生児科などと協力して行っております。またそれ以外の不整脈、心筋症、川崎病冠動脈病変などの心疾患の診療もあわせて行っております。
当科では心臓カテーテル検査および治療を多く行っております。新生児期から成人期まで幅広い年齢層に対する入院による心臓カテーテルを行っていることが当科の特徴です。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 45 2.73 2.78 0.00 2.82
11022xxx01xxxx 男性生殖器疾患 精索捻転手術等 15 2.67 3.77 0.00 4.47
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 15 3.00 2.99 0.00 3.87
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 11 3.27 7.74 0.00 4.91
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 11 3.45 7.84 0.00 2.91
小児外科の患者・手術件数は鼠径部の腹膜開存が残るという軽度な先天異常である鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)が最も多く、件数は出生数の増加がみられないことからほぼ一定しています。
次の精巣に関する疾患は、その発生過程で胎児期に精巣が腹部から鼠径・陰嚢へと下降するという複雑な経過が関連しており、下降が途中で止まったり(停留精巣)萎縮したり、陰嚢への固定が不良であることから鼠径部とを行き来したりねじれたり(精巣捻転)といった様々な障害が発生するためこれに対応した処置が必要となります。
胃腸の疾患は多く、嘔吐の原因として胃食道逆流症にpHモニターという検査を行ったり、栄養路として十二指腸以遠にチューブを留置したり、手術までの適応のない虫垂炎または虫垂炎に類似した腸炎の保存加療を行います。重度の便秘に対し注腸や摘便、外科的疾患のないことを確認する検査などを行ったりします。
最後の臍ヘルニアは臍帯脱落後の臍部の筋膜が閉鎖されないことによるおへその脱腸で、1~2歳過ぎには自然治癒が期待できないため手術適応となります。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 53 16.26 15.63 71.70 74.45
010080xx99x0x1 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし15歳以上 23 21.43 16.74 13.04 45.48
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 17 16.94 15.57 76.47 73.35
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 17.00 15.42 81.82 79.27
010090xxxxx0xx 多発性硬化症 手術・処置等2なし 11 11.91 14.19 18.18 37.73
①③④脳梗塞
緊急対応を要する急性期脳梗塞に対しては、24時間体制で診療しています。CTやMRI、血液検査では、D-dimerやBNPなどの検査にも終日対応でき、脳卒中学会認定1次脳卒中センターの認定も受けています。超急性期治療に続く、各種血管疾患のリスク管理や急性期リハビリテーションも充実しています。さらに回復期リハビリテーションが必要な患者様には、近隣のリハビリテーション病院と連携することで、継ぎ目のない医療を提供することができます。
②脳脊髄の感染を伴う炎症
一般的には髄膜炎や脳炎がこれに当たります。脳脊髄液の検査で診断を確定することが多く、その性状を参考にして、適切な治療薬を選択して対応します。CTやMRIを参考にする場合もあります。軽症の場合には、後遺症を残さずに退院となりますが、重症の場合には、別記の脳梗塞のように近隣のリハビリテーション病院と連携することになります。
⑤多発性硬化症
脳や脊髄に脱髄という一種の炎症が生じる病気です。複数の部位に生じたり、発症を繰り返すことも特徴とされます。発症急性期には炎症に対する治療を行い、間欠期には再発を抑える治療を行います。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 78 16.63 20.57 51.28 85.27
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 39 19.26 18.42 25.64 71.62
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病あり 21 17.00 14.96 14.29 75.48
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 16 2.00 2.03 0.00 60.69
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 14 11.00 9.07 28.57 72.79
①誤嚥性肺炎
肺炎ガイドラインに基づいて抗菌薬を選択し、治療しています。平均年齢は85歳と高く、自宅や施設に退院される患者様も多いですが、約5割の患者様はリハビリテーションなどのため転院されています。
②間質性肺炎
胸部X線やCTによる画像診断、気管支鏡検査による診断を行っています。ステロイド剤や免疫抑制剤、抗線維化薬による治療を行っています。
③⑤肺の悪性腫瘍(肺癌・悪性中皮腫)
胸部X線やCTによる画像診断、超音波気管支鏡を含む気管支鏡検査などによる確定診断を行っています。肺癌の治療には手術、放射線療法、薬物療法がありますが、当院ではいずれも行っています。手術は大学病院と連携しており、薬物療法では癌の特徴に応じて分子標的治療薬や免疫チェック阻害薬など積極的に使用しています。
④睡眠時無呼吸症候群
1泊入院で睡眠ポリグラフによる診断を行っています。診断後は外来にてCPAP療法(持続陽圧療法)や歯科口腔外科と連携してマウスピースによる治療を行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 207 2.18 2.65 0.00 66.02
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 64 8.36 9.21 9.38 73.06
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 35 7.46 7.70 0.00 62.91
060140xx97x0xx 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 26 9.19 10.84 11.54 74.92
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 7.12 5.53 4.00 50.20
①小腸大腸の良性疾患の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は、主に大腸にできたポリープを内視鏡的に切除する治療法です。2㎝以下のものは1泊2日、2㎝を超えるものは、2泊3日で行っています。
②胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術は、総胆管結石や膵癌、胆管癌によって総胆管が閉塞され、黄疸や腹痛をきたして緊急受診されます。内視鏡的逆行性胆膵造影(ERCP)の手技を用いて、ステント治療などの内視鏡的緊急手術を行います。
③穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患は、大腸憩室炎と限局性腹膜炎のために、腹痛、発熱で救急搬送され、腸管安静のために、点滴と抗生剤治療を行います。
④胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄は、主に出血性胃潰瘍と出血性十二指腸潰瘍には緊急内視鏡による止血術を、幽門狭窄には内視鏡的拡張術を行います。
⑤ウイルス性腸炎は、急激な腹痛と発熱、下痢、嘔吐をきたして緊急受診されます。ウイルスによる小腸と大腸の炎症を抑えるため、点滴と電解質管理を行います。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 57 19.75 17.35 26.32 80.84
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 55 3.80 3.06 5.45 70.35
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 10.83 10.24 13.79 82.14
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 19 13.42 11.87 15.79 72.05
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 17 6.24 4.36 0.00 70.47
①心不全
慢性心不全の急性増悪、急性心不全に対する治療を行っています。病歴聴取・採血・心電図・レントゲン・心エコーで基礎心疾患の診断と増悪因子を特定し、酸素吸入・内服・点滴(ハンプ・利尿剤)など心不全に対する一般的な治療を行い、さらに基礎疾患の治療と増悪因子の治療を行い、長期入院が必要な患者様は、近くのリハビリのできる病院へ転院としています。
②徐脈性不整脈
徐脈性不整脈については、まず原因となる基礎疾患がないかどうか(甲状腺機能低下・電解質異常など)、内服で徐脈になる薬がはいってないかどうか(β遮断剤など)を確認し、さらにホルター心電図と自覚症状からポエースメーカー植え込みを行っています。救急で来院された患者様に対しては一時的ペースメーカーを留置した後、翌日永久ペースメーカー植え込みを行っています。高齢のため合併症を有する方が多く、細菌感染症(膿胸など)を有する患者様は徐脈であってもなるべく内服薬による治療をめざしています。
③狭心症
狭心症の患者様は基本的に冠動脈の評価を行うことにしています。狭心症が強く疑われる患者様の中には冠動脈CTを行い、高度狭窄(90%以上)がある場合は、経皮的冠動脈形成術目的に入院していただくこともありますが、75%程度の患者様は心筋シンチや運動負荷試験で評価後に虚血が証明されれば経皮的冠動脈形成術を行っています。また、不安定狭心症の患者様の中に、多枝病変や左主幹部病変を有する患者様は内服で虚血をコントロール後に冠動脈バイパス術目的に他院に転院していただくこともあります。
血液・腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 32 11.19 10.66 3.13 77.75
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等25あり 30 17.00 19.92 0.00 73.77
130030xx99x8xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等28あり 29 9.62 14.52 0.00 80.55
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 14 15.57 18.76 0.00 72.36
130030xx97x50x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 13 23.69 31.17 0.00 71.23
血液腫瘍内科では、様々な造血器悪性腫瘍に対する抗がん剤治療を行っています。最も多い疾患は、悪性リンパ腫であり、日本においては、悪性リンパ腫のほとんどが非ホジキンリンパ腫となりますので、非ホジキンリンパ腫に対する入院患者数が最多となります。非ホジキンリンパ腫の種類は多く、治療法も多岐に渡る為、患者さん毎に最適化を行い、治療導入を行います。現在は、抗がん剤治療の主体は外来となっており、外来治療で問題ないと判断した場合には外来に移行します。しかし、高齢の場合や遠方からの来院など種々の条件がありますので、入院での継続とすることもあります。また、悪性リンパ腫以外にも多発性骨髄腫や骨髄異形成症候群、急性骨髄性白血病に対する抗がん剤治療も行っております。実際の患者数では、悪性リンパ腫の次に多発性骨髄腫が多いのですが、全ての患者さんが外来へ移行する為、入院数としては少なくなります。骨髄異形成症候群と急性骨髄性白血病に関しては入院加療となりますので、無菌室での管理など状態に応じた治療を行っています。当科の治療方針は、基本的に日本血液学会のガイドラインに基づいた手法となります。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 58 2.67 4.60 1.72 75.17
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 25 6.80 10.39 4.00 49.56
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 9.08 7.87 4.17 66.04
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 10 32.80 34.08 40.00 72.5
- - - - - - -
検尿異常(蛋白尿や血尿)、腎機能低下といった腎臓疾患の診断や治療、慢性腎不全に進行した方の保存期治療、末期腎不全に至った方の透析療法を行っています。
また透析患者さんのシャント血管の手術やカテーテル治療も行っています。
代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり 59 13.97 14.41 5.08 65.27
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 10 7.50 5.37 0.00 30.10
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 13.25 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
①2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり
2型糖尿病は糖尿病の中でもっとも多い (およそ90%) タイプです。通常は内服薬で治療を行いますが、注射薬(インスリン、GLP-1受容体作動薬)が選択される場合もあります。血糖降下作用以外の利点をもつ薬剤もあり、患者さんの状況(例えば心血管系疾患の既往、腎機能、肥満、その他)を考慮して薬剤の選択を行います。数種類の内服薬でも血糖が安定しない場合、手術等を控えている場合、あるいは他の急性疾患に罹患中の場合などには、インスリンを用いて確実に血糖を管理することが望まれます。
②妊娠中の糖尿病 手術なし
妊娠中は、児の健常な発育や安全はお産のために、妊婦さんの血糖を確実に管理することが望まれます。食事療法によっても血糖値が改善しない場合、インスリンを用いて血糖を管理します(妊婦さんには糖尿病の内服薬は通常使用できず、インスリンが選択されます)。
③糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
糖尿病が非常に悪化した状態で、著しい高血糖、高度の脱水症などを伴い命にかかわる重症疾患です。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 87 5.70 7.11 0.00 59.66
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 38 4.87 4.74 0.00 65.13
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 34 4.53 5.40 0.00 33.41
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 26 14.42 15.76 7.69 73.04
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 7.56 9.00 0.00 65.16
消化器外科では、悪性疾患に対する根治手術、救急疾患のみならず、あらゆる消化管外科手術患者を受け入れております。進行悪性腫瘍に対しては、各診療科との連携を行い、化学療法などを含めた集学的治療や他臓器合併切除を含めた拡大手術を行っております。また適応症例には、積極的に侵襲の低い鏡視下手術を行っており、患者様に、安全、安心な治療を目指して診療を行っております。
①胆嚢炎に対する手術は、ガイドラインに従い、全身状態が許せば早期腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。(患者数87名)
②鼠径ヘルニアに対しては、腹腔鏡下および前方アプローチでのヘルニア手術を選択して行っております。(患者数38名)
③虫垂炎に対しては、緊急での腹腔鏡下虫垂切除を第1選択としています。虫垂周囲膿瘍を伴わない軽症(患者数34名)のみならず、穿孔や膿瘍を伴う重症例に対しても、腹腔鏡下手術(11名)を行っています。
④結腸・直腸の悪性腫瘍切除は、年間約50例におこなっており、その多くを腹腔鏡下で行っております。
⑤術後などの腸閉塞患者は保存的加療(患者数25名)や、消化管の減圧(イレウス管)により改善するもの(患者数13名)が多いですが、時に手術が必要なこともあります(患者数15名)。
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし 25 7.72 10.15 4.00 72.00
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 21 5.33 5.88 4.76 62.43
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 13 2.00 3.94 0.00 53.38
- - - - - - -
- - - - - - -
乳腺・内分泌外科は良性・悪性の乳腺疾患、甲状腺・副甲状腺疾患の治療を行っています。
乳癌は女性のがんのなかで最も罹患率の高い疾患で、当院では手術治療として、乳房部分切除術もしくは乳房切除術、センチネルリンパ節生検もしくは腋窩リンパ節郭清術を組み合わせて行っています。
診断群分類別患者数としては、①乳腺悪性腫瘍手術(腋窩部郭清を伴うもの)が25名、②同(腋窩部郭清を伴わないもの)が21名に行われました。約半数には乳房切除術が行われています。また、③手術を行っていない症例は13名には、化学療法、放射線療法が行われています。表にはありませんが、甲状腺・副甲状腺疾患の外科的治療も、7例の甲状腺癌手術を含めて、合わせて14例となっています。
これまでは非常勤医による診療でしたが、令和4年度からは常勤の専門医が診察の中心となりますので、各症例は増加すると思われます。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 11.10 10.47 0.00 70.70
160450xx99x10x 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし - - 10.84 - -
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 - - 8.82 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
①肺の悪性腫瘍
熊本大学病院呼吸器外科と連携して手術を行っています。進行度にもよりますが、全例に胸腔鏡下手術が行われました。化学療法が必要な場合は、呼吸器内科医が対応しております。
②診断がつかない良性の肺腫瘍
傷が小さく、痛みが少ない胸腔鏡下手術を行っています。患者さんにとって有益な手術法です。低侵襲であるため、短期入院で済み、仕事などへの早期の復帰が可能です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 180 23.57 25.32 92.78 84.33
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 99 25.99 20.63 66.67 63.68
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 63 13.68 19.34 88.89 82.62
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 39 6.64 4.99 7.69 48.69
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 29 23.90 23.02 86.21 74.45
当院整形外科入院の患者さんは、高齢者の骨粗鬆症を伴った骨折、特に大腿骨近位部骨折、胸腰椎圧迫骨折、橈骨遠位端骨折などが多くなっています。また変形性関節症などの関節疾患に対する人工股関節置換術、人工膝関節置換術を多数おこなっており、人工関節手術目的で入院の患者様も多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 7.27 9.78 6.06 74.24
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 6.83 8.30 12.50 58.96
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 13.67 18.90 76.19 72.05
- - - - - - -
- - - - - - -
①頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし、②頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
転倒による頭部打撲では、受傷時に出血などの器質的病変がなくても、時間経過で出現することがあります。また痙攣などの症状が出現することもあります。出血により血腫を生じると脳圧亢進による意識障害や麻痺などを生じます。最近では、抗凝固剤を服用されている方も増えているので、受傷時に血腫を認めなくても時間経過で出現することもあり、入院により経過観察を慎重に行っています。
③非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
非外傷性頭蓋内血腫の多くは、高血圧に伴う脳出血です。脳卒中の中では脳梗塞に次ぐ疾患です。急性期には血圧管理の下、厳重な管理が必要です。血腫の増大があり、意識障害、神経症状の悪化が出現すれば、すぐに緊急で手術が出来るような体制で診療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 51 3.96 4.01 0.00 46.92
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 31 8.52 7.68 0.00 78.06
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 30 14.87 13.07 13.33 65.07
- - - - - - -
- - - - - - -
皮膚腫瘍は当科の診療の柱であり、悪性腫瘍、良性腫瘍ともに増加傾向です。
膿皮症は皮膚の細菌感染症で一般的には「蜂窩織炎」と言われます。抗菌薬の治療を行います。高齢者の方も多く、若年の方よりはやや入院期間がながくなる傾向にあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 78 2.27 2.50 0.00 70.12
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 74 2.18 2.59 0.00 62.45
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし 68 8.43 7.02 2.94 74.00
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 54 12.22 13.14 27.78 68.78
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 23 9.04 5.56 13.04 63.61
①前立腺がんは男性において最も罹患数の多いがんとなっております。PSA検査という血液検査により、早期発見・適切治療が可能となっています。
②体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)は、音波の一種である衝撃波を体の外から結石に向けて照射し、結石のみを細かく破砕する治療法です。砂状に破砕された結石は尿とともに自然に体外に排出されます。
③膀胱悪性腫瘍に対する経尿道手術とは、麻酔下に尿道から手術用の内視鏡を膀胱内に挿入し、膀胱腫瘍を先端がループ状になった電気メスで切除する手術です。
④腎臓に起こる尿路感染症を腎盂腎炎といいます。細菌が膀胱から尿管を逆行することで引き起こされます。発熱、腰痛の他、頻尿、排尿痛といった膀胱炎の症状もみられます。抗生物質による治療を行います。
⑤経尿道的尿路結石除去術は尿道から挿入した内視鏡を膀胱、尿管、腎盂へと到達させ、そこに存在する尿路結石をレーザーによって砕石する手術です。結石を直接砕石するためため体外衝撃波腎・尿管結石破砕術に比べ効率的な治療効果が期待できますが、麻酔下に手術を施行するため、身体への負担は大きくなります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 457 2.28 2.71 0.00 75.91
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 94 2.99 3.11 0.00 18.74
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 83 4.48 4.83 1.20 77.77
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 46 8.17 6.14 0.00 70.13
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 42 8.52 8.48 0.00 57.19
当科は白内障手術を多く手掛けること、斜視、網膜硝子体疾患に強いことが特徴です。
①白内障
水晶体はカメラの構造に例えるとレンズの役割をしている部分です。水晶体が濁った状態を白内障と言います。多くは加齢が原因です。その他アトピー性疾患や糖尿病などの全身疾患によるもの、打撲や外傷によるもの、先天性のものもあります。通常徐々に進行して視力低下を来します。治療は手術になります。片眼では2~3日間、両眼では4~5日間の入院です。
②斜視
斜視とは左右の眼の視線がずれている眼位の異常です。複視、容姿の改善や眼鏡に貼った膜プリズムの除去、小児例の場合、視機能発達を目的に手術を行います。
③黄斑円孔・黄斑上膜
眼球の内側には光や色を感じる網膜という組織があります。カメラの構造に例えるとフィルムに相当する部分です。黄斑は網膜の中心部に存在し、ものをはっきりみるための神経が集中している場所です。黄斑円孔とは黄斑に穴が開く病気です。黄斑上膜とは黄斑の表面にセロファン状の膜がはる病気です。加齢や目のなかの炎症、外傷などが原因でおこります。黄斑円孔・黄斑上膜では初期にはものをみる中心部にゆがみやかすみが生じます。進行すると視野の中心がみえなくなります。放置すると中心の視力低下は進行しますが、周辺の視野は残るため完全に失明することはまれです。手術以外に治療法はなく、視力低下、ゆがみが進めば手術を行います。
④網膜剥離
眼底の網膜の破れ目が原因で網膜が後ろの膜から剥がれた状態です。放置すると失明に至り、治療は手術になります。緊急性が高く迅速に対応しています。
⑤糖尿病網膜症
糖尿病網膜症は本邦の失明原因の上位にあります。早期であれば血糖コントロールで発症や進行を予防することができます。進行して網膜の細小血管に広範な閉塞が生じると失明のリスクが高まり進展防止にレーザー光凝固が必要です。増殖性糖尿病網膜症は糖尿病網膜症の最も進行した状態で網膜に新生血管や増殖組織ができ、硝子体出血や網膜剥離を生じます。レーザー光治療だけでは完治が難しく手術が必要となります。手術でも完全な視力の回復は困難です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 95 4.95 7.84 0.00 24.21
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 72 4.99 6.47 1.39 58.24
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 42 3.88 4.92 2.38 63.38
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 24 5.04 7.03 0.00 57.00
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 16 3.75 7.09 0.00 41.31
①扁桃、アデノイドの慢性疾患
成人と小児がほぼ半数ずつとなっています。成人では習慣性扁桃炎が多く、小児ではいびきや睡眠時無呼吸を生じる様な、扁桃肥大・アデノイド増殖症が多くを占めています。
②慢性副鼻腔炎
薬物治療で改善のない場合などに手術を行っています。以前口内からの手術を受けた後に嚢胞を生じる方もおり、通常数十年と長期間を経て、頬部痛、頭痛、複視など様々な症状を生じて診断されることが多いです。近年では指定難病である好酸球性副鼻腔炎の診断をすることが増えています。
③前庭機能障害 手術なし
めまい症状の訴えで受診する方の多くが、良性発作性頭位眩暈症やメニエール病などの前庭機能障害の状態ですが、心疾患や頭蓋内疾患が原因となっている場合もあり注意が必要です。救急外来を受診し、改善なく帰宅できない場合は入院としていますが、多くの方が数日のうちに自然軽快します。完全に安静にするのではなく、転ばない程度で適度に動いた方が回復が早い様です。
④耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり
耳鼻科領域にできる腫瘍は多種多様であり、症状も多岐にわたります。無症状で生活にほぼ支障を来さないようなものから、上気道の閉塞を生じる様なものまであります。根治的な治療を希望される場合、手術が勧められます。外耳道、鼻腔、口腔より操作できる場合も多いですが、大唾液腺腫瘍などの頸部疾患では、頸部皮膚を切開する必要があります。
⑤慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術
前者については通院による鼓膜穿孔閉鎖術で治癒することが多く、改善ない場合に手術を行っています。後者は耳漏や難聴で受診されることが多いですが、中にはめまいや顔面麻痺を生じたのをきっかけに診断されることがあります。根治的には手術が必要と診断されていることが多いようですが、適切な外来処置で消炎することもあり、治療法については慎重に考える必要があります。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 帝王切開術等 62 8.87 9.39 0.00 32.53
120170x199xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 手術なし 42 21.02 21.53 21.43 31.45
120170x101xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 帝王切開術等 34 32.94 37.40 0.00 32.50
120260xx01xxxx 分娩の異常 帝王切開術等 29 8.34 9.38 0.00 30.76
120170x099xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週以上) 手術なし 21 5.81 7.33 4.76 30.48
当院は熊本県下2ヶ所ある総合周産期母子医療センターの一つであり、母体・胎児集中治療管理室(MFICU)において切迫早産や産科合併症症例を受け入れており、新生児集中治療室(NICU)と共同で妊娠22週以降のハイリスク妊娠例と出生児に対する高度な医療を提供しています。このため、緊急搬送後に緊急帝王切開術となる例も多く、その他に反復帝王切開例をはじめとする予定帝王切開例の症例も増加しています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 65 9.60 9.46 0.00 43.03
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 53 12.81 11.55 1.89 57.04
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 48 3.00 3.05 0.00 37.92
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 45 3.80 4.34 4.44 56.82
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 36 5.78 6.11 0.00 41.17
①子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等
子宮筋腫等の良性の子宮疾患や子宮体部や頚部の前癌病変や初期癌に対する開腹による子宮全摘出術です。
②子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし
主に子宮体癌や子宮頸癌の開腹による根治術で、局所再発を防ぐために子宮だけでなく子宮周囲の組織を子宮とともに合併切除する手術です。
③子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし
主に子宮頸癌の前癌病変に対する「子宮頚部円錐切除」が該当し、経腟的な方法で子宮の出口である腟部を切除します。
④子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし
主に子宮体癌の再発中高リスク群に体する術後がん薬物療法が該当しますが、その治療は外来での施行が大半ですが、初回治療のみは入院で施行しています。
⑤卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等
卵巣の片側もしくは両側の良性腫瘍に体する腹腔鏡による手術で、正常組織を温存し腫瘍のみを摘出します。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180030xxxxxx0x その他の感染症(真菌を除く。) 定義副傷病なし 14 11.86 10.47 35.71 75.43
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 13 12.23 20.57 53.85 79.92
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 2.90 6.45 30.00 70.00
- - - - - - -
- - - - - - -
救急科への入院患者さんは、ほぼすべての方が緊急入院です。そのため入院時に確定診断がついていない患者さんが多く、①のようにおおよその病名での入院となる方が最も多くなっています。入院後に検査を行い、より確定診断に近づけるよう努めています。
①その他の感染症 
細菌感染症が疑われる患者さんがほとんどですが、確定診断前から抗生物質による治療を開始します。入院後の検査結果(細菌培養など)に基づいて、より適した抗生物質に変更します。
②誤嚥性肺炎
ガイドラインに基づいて抗生物質を選択しています。高齢者が多く、肺炎治癒後もリハビリテーション目的に転院となる方がおられます。
③体温異常(熱中症、偶発性低体温症)
熱中症患者さんは、救急外来での点滴後も倦怠感や歩行困難のある方が入院となります。入院後も点滴を継続し、2-3日で退院となる方がほとんどです。
冬場の寒冷環境への長時間暴露などで、低体温(35℃未満)となる方がおられます。集中治療を要するほどの高度低体温から、数時間程度の加温で回復される方まで様々です。低体温により臓器障害を来すことがありますので、速やかな体温回復に努めています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 0 6 9 13 4 1 8
大腸癌 8 16 24 26 32 6 1 8
乳癌 22 20 7 0 9 6 1 8
肺癌 5 2 24 67 2 39 1 8
肝癌 0 1 4 5 3 2 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
新病院開院後から新規の患者さんが増加し、それに伴い、がんの診断となる患者さんも増加しています。日本の統計と同様に、大腸がんの患者数が増えており、早期から進行期までの患者さんを診断しています。肺がんの患者数も多く、多くは進行期や再発での診断ですが、多数の患者さんが受診しています。胃がんや乳がん、肝がんに関しても徐々に患者数が増えている状況となります。当院は、新病院からの患者さんが多く、その為、がん全体の比率からすると再発の患者数が少ない傾向がまだあります。数年後には再発の患者数も増加すると予想しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 11.80 51.40
中等症 36 13.39 75.69
重症 9 14.67 83.22
超重症 6 23.83 78.50
不明 0 0.00 0.00
成人市中肺炎症例は66例が入院し、77%は軽症、中等症でした。軽症例は比較的若い患者さんが多く、平均11日で退院しています。
中等症、重症、超重症例は平均年齢が75歳以上の高齢者が多く、平均在院日数は中等症は13日、重症は14日、超重症例は23日と、重症度が高くなると在院期間も長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 141 18.76 77.57 65.41
その他 18 16.44 79.83 7.55
令和元年度新病院以降、脳梗塞の入院患者さんの数は徐々に増加しております。 緊急対応を要する急性期脳梗塞に対しては、24時間体制で診療しています。超急性期治療に続く、各種血管疾患のリスク管理や急性期リハビリテーションも充実しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
新生児内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 59 0.00 67.71 5.08 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 30 0.00 118.07 3.33 0.00
K639 急性汎発性腹膜炎手術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
正期産児の分娩の際には、約5%に人工呼吸などの蘇生行為と呼ばれる介助が必要と言われています。当院は熊本県の総合周産期母子医療センターという役割を担っており県内からハイリスクの妊婦さんが集まってきます。そのため分娩の時に高度な蘇生を要する例が多く、蘇生行為に習熟したスタッフが常に院内に待機しております。また当院で多数出生する早産児はもともと呼吸が不安定な状態で生まれてくるため、ほとんどが蘇生の対象となります。
小児循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5761 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの 32 2.75 13.97 0.00 2.13
K5622 動脈管開存症手術 動脈管開存閉鎖術(直視下) - - - - -
K570-3 経皮的肺動脈形成術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当院では熊本県で唯一、小児心臓外科による先天性心疾患の手術を行っています。心室中隔欠損症、心房中隔欠損症をはじめ、その他の様々な先天性心疾患の治療を小児心臓外科、新生児科などと協力して行っております。またそれ以外の不整脈、心筋症、川崎病冠動脈病変などの心疾患の診療もあわせて行っております。
当科では心臓カテーテル検査および治療を多く行っております。新生児期から成人期まで幅広い年齢層に対する入院による心臓カテーテルを行っていることが当科の特徴です。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 46 0.70 1.04 0.00 3.00
K836 停留精巣固定術 15 1.00 1.00 0.00 3.87
K8351 陰嚢水腫手術 交通性陰嚢水腫手術 12 0.58 1.00 0.00 3.17
- - - - - - -
- - - - - - -
小児外科の患者・手術件数は鼠径部の腹膜開存が残るという軽度な先天異常である鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)が最も多く、開いたままの腹膜を根元でしばる手術が必要となります。
次の精巣に関する疾患は、その発生過程で胎児期に精巣が腹部から鼠径・陰嚢へと下降するという複雑な経過が関連しており、下降が途中で止まること(停留精巣)で不妊のリスクが増加または悪性腫瘍の発生頻度が高いことが知られており、陰嚢への固定が必要となります。
最後の陰嚢水腫は鼠径ヘルニアと発生要因はほぼ同じであり、腹膜の開存がごく軽微であるために腹水が陰嚢に貯留してくるといった疾患で手術手技もほぼ鼠径ヘルニアと同じです。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 216 0.29 1.31 0.00 66.52
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 60 0.93 9.65 21.67 77.70
K654 内視鏡的消化管止血術 28 0.21 9.25 14.29 74.86
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 26 0.58 5.50 0.00 70.42
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 22 1.73 13.82 27.27 75.23
①内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は、大腸にできたポリープを内視鏡的に切除する治療で、主に1泊2日で終了します。
②内視鏡的胆道ステント留置術は、総胆管結石性胆管炎や胆管癌、膵癌による総胆管狭窄のための閉塞性黄疸に対し、緊急で内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)の手技を用いてステントを留置し、黄疸や逆行性胆管炎を改善させます。
③内視鏡的消化管止血術は、出血性胃潰瘍や出血性十二指腸潰瘍、結腸憩室出血に対し緊急内視鏡を行い、クリップや電気凝固を用いて止血術を行います。
④早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術は、早期大腸癌に対して、内視鏡的粘膜下層剥離術を行い、腫瘍を切除する治療法です。通常5泊6日で退院となります。
⑤内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開は、主に総胆管結石のための急性化膿性胆管炎に対して、緊急で内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)にて乳頭切開術を行い、総胆管結石や胆泥の除去を行います。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 13 1.62 6.08 7.69 69.46
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 13 2.23 9.38 15.38 85.23
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 10 1.70 4.70 0.00 74.10
K597-2 ペースメーカー交換術 10 1.00 7.10 10.00 76.60
- - - - - - -
経皮的冠動脈形成術は23件です。ペースメーカー植え込み術は13件です。ペースメーカー交換術は10件です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 初回 34 1.71 1.53 2.94 73.32
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 1の実施後3月以内に実施する場合 26 0.04 1.23 3.85 77.08
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術 単純なもの 22 4.91 5.82 0.00 67.55
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 15 8.13 13.87 33.33 70.87
- - - - - - -
腎臓内科で行う手術治療としては、シャント血管の作製術、閉塞した場合の再建術、また狭窄を来した時のカテーテル治療を行っています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 99 1.30 4.35 0.00 60.73
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 34 0.38 3.15 0.00 33.41
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 30 3.07 12.43 6.67 73.37
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 27 1.11 2.96 0.00 68.22
K7162 小腸切除術 その他のもの 12 3.67 11.25 8.33 74.42
消化器外科では、悪性疾患に対する根治手術、救急疾患のみならず、あらゆる消化管外科手術患者を受け入れております。進行悪性腫瘍に対しては、各診療科との連携を行い、化学療法などを含めた集学的治療や他臓器合併切除を含めた拡大手術を行っております。また適応症例には、積極的に侵襲の低い鏡視下手術を行っており、患者様に、安全、安心な治療を目指して診療を行っております。
①胆石症、胆嚢炎に対する手術は、腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。(患者数99名)
②虫垂炎に対しては、緊急での腹腔鏡下虫垂切除を第1選択としています。虫垂周囲膿瘍を伴わない軽症(患者数34名)のみならず、穿孔や膿瘍を伴う重症例に対しても、腹腔鏡下手術(11名)を行っています。
③結腸・直腸の悪性腫瘍切除は、年間約50例におこなっており、その多くを腹腔鏡下で行っております。
④鼠径ヘルニアに対しては、患者の希望や症例に応じて腹腔鏡下(患者数11名)および前方アプローチ(患者数27名)でのヘルニア手術を選択して行っております。
⑤小腸腫瘍や腸閉塞などに対しての小腸切除は年間12例に行いました。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 21 1.14 3.19 4.76 62.43
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 11 1.00 6.00 0.00 71.45
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
乳腺・内分泌外科は良性・悪性の乳腺疾患、甲状腺・副甲状腺疾患の治療を行っています。
乳癌は女性のがんのなかで最も罹患率の高い疾患で、当院では手術治療として、乳房部分切除術もしくは乳房切除術、センチネルリンパ節生検もしくは腋窩リンパ節郭清術を組み合わせて行っています。
診断群分類別患者数としては、①乳腺悪性腫瘍手術(腋窩部郭清を伴うもの)が25名、②同(腋窩部郭清を伴わないもの)が21名に行われました。約半数には乳房切除術が行われています。また、③手術を行っていない症例は13名には、化学療法、放射線療法が行われています。表にはありませんが、甲状腺・副甲状腺疾患の外科的治療も、7例の甲状腺癌手術を含めて、合わせて14例となっています。
これまでは非常勤医による診療でしたが、令和4年度からは常勤の専門医が診察の中心となりますので、各症例は増加すると思われます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 132 4.02 17.10 88.64 81.11
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 127 1.17 23.29 70.87 66.23
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 81 5.02 18.26 91.36 81.88
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 50 4.34 13.82 48.00 63.62
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 前腕、下腿 37 1.14 2.65 0.00 53.16
当院整形外科手術は、股関節・膝関節手術、脊椎手術、外傷手術が多くなっています。変形性関節症、関節リウマチ、骨壊死などに対する人工関節置換術は一般的に良好な成績であることが知られています。当科での人工関節置換術は最小侵襲手技やナビゲーション使用などでさらなる成績向上に取り組んでいます。脊椎手術については、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなど、頚椎から腰椎の脊椎疾患の手術的治療が可能です。特に、内視鏡を用いた手術を導入し、椎間板ヘルニア及び脊柱管狭窄の手術を行っています。大腿骨頚部骨折や橈骨遠位端骨折など骨折全般に対する手術をおこない、出来るだけ早く社会復帰していただけることを目指しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 32 1.53 9.63 25.00 77.97
K1742 水頭症手術 シャント手術 - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
①慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
軽微な頭部外傷を契機として生じる疾患です。認知機能低下や歩行障害などの症状を生じます。局所麻酔下に穿頭血腫洗浄術を行い、ドレナージチューブを留置します。通常翌日にCT検査を行い、チューブは抜去します。血腫が除去できれば症状の改善が期待できる疾患です。
②水頭症手術 シャント手術
低体重出生新生児では、脳の未熟性により脳室壁より出血を生じ、その結果髄液循環が悪くなることで水頭症を生じることがあります。頭囲拡大や頭蓋内圧が高くなった場合には、脳室腹腔内シャント手術を行います。
また認知障害により頭蓋内検査の結果、水頭症の診断で受診される方が増えています。正常圧水頭症は、認知機能障害の他に、歩行障害、尿失禁を伴う疾患です。正常圧水頭症疑いの患者に対して、1泊入院にて髄液排出検査を行い、排出前後での症状の改善を理学診療部と協力して行います。髄液排出検査の結果、症状が改善すればシャント手術(腰椎腹腔シャント術)を行っています。
③頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの
腫瘍により脳が圧迫されることで、頭痛や麻痺など神経症状がある場合には摘出術を行います。手術時には、腫瘍の部位を正確に把握するために神経ナビゲーションと脳機能を温存させる目的で神経モニタリングを併用しながら行います。摘出標本は、手術後に病理診断を行い、悪性所見があれば、後療法として放射線治療や抗癌剤治療を追加します。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 35 0.17 7.03 0.00 77.06
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 12 0.42 2.67 0.00 51.67
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 11 0.45 2.82 0.00 35.36
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 10 0.10 1.60 0.00 45.20
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 10 0.60 3.10 0.00 51.80
高齢化に伴い、皮膚悪性腫瘍は増加傾向です。良性腫瘍の手術件数も年々すこしずつ増加はしてきております。
切除範囲の広い場合は植皮(別の部位の皮膚を移植する方法)や皮弁(周囲の皮膚をずらす方法)で対応します。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 75 0.08 1.16 0.00 62.81
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 68 1.97 5.50 2.94 74.01
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 0.68 6.48 12.00 78.08
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 22 1.77 6.14 9.09 65.82
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 16 1.63 12.00 0.00 70.38
①体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)は、音波の一種である衝撃波を体の外から結石に向けて照射し、結石のみを細かく破砕する治療法です。砂状に破砕された結石は尿とともに自然に体外に排出されます。
②膀胱悪性腫瘍に対する経尿道手術とは、麻酔下に尿道から手術用の内視鏡を膀胱内に挿入し、膀胱腫瘍を先端がループ状になった電気メスで切除する手術です。
③経尿道的尿管ステント留置術とは、尿管が結石や狭窄、外からの圧迫などで閉塞し尿が流れない状態になったとき、尿の流れを改善する目的でステントという管を留置する手術のことをいいます。痛みが強いときや腎盂腎炎を起こしているときに適応となります。
④経尿道的尿路結石除去術は尿道から挿入した内視鏡を膀胱、尿管、腎盂へと到達させ、そこに存在する尿路結石をレーザーによって砕石する手術です。結石を直接砕石するため体外衝撃波腎・尿管結石破砕術に比べ効率的な治療効果が期待できますが、麻酔下に手術を施行するため、身体への負担は大きくなります。
⑤腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術とは、腎・腎盂・尿管腫瘍に対して行う腹腔鏡手術(内視鏡手術)です。従来の開腹手術に比べ創が小さく、術後の痛みが軽度であるなどの利点があります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 526 0.27 1.35 0.19 76.13
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 110 0.60 6.33 0.00 66.40
K2422 斜視手術 後転法 67 0.99 1.00 0.00 15.31
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 26 0.35 6.08 0.00 72.81
K284 硝子体置換術 23 0.52 6.22 0.00 64.74
①白内障手術
基本的に入院で手術を行っています。局所麻酔下、侵襲の少ない小切開手術(超音波水晶体乳化吸引術+眼内レンズ挿入術)が主体です。水晶体核が硬い、チン小帯が脆弱などの難症例では大切開手術(ECCEやICCE)で行います。眼内レンズ水晶体嚢内、嚢外固定が困難な症例では、眼内レンズ縫着術、眼内レンズ強膜内固定術を同時、もしくは後日行っています。小児例など術中の鎮静が得られない場合は全身麻酔での手術になります。
②斜視手術
共同性斜視、麻痺性斜視に対し手術を行っています。統計上は後転術が最も多い術式ですが、斜視手術の術式としては後転法、前転法、斜筋手術などがあり、症例ごとに最も有効な術式を組み合わせて手術を行っています。基本的に全身麻酔での手術になります。
③硝子体手術(硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む・その他)・硝子体置換術
増殖糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑上膜、裂孔原性網膜剥離、増殖性硝子体網膜症、硝子体出血、眼外傷などが対象症例です。緊急手術にも対応しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 84 1.04 3.27 0.00 25.45
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 51 1.80 2.24 0.00 59.55
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) 22 1.23 2.32 0.00 58.23
K3191 鼓室形成手術 耳小骨温存術 14 2.14 2.93 7.14 27.93
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 14 1.07 3.14 0.00 59.57
①口蓋扁桃手術(摘出)
術後は創部が露出したままとなりますので、合併症として最も問題となるのは出血です。1割程度に、退院後である術後1週間程度の時期に起こることがほとんです。比較的多量となることが多いですが、そのほとんどの場合は自然に軽快しており、止血処置まで行うのは稀です。個人差は大きいものの、術後は嚥下時痛が2,3週は続き、その間ほとんどの方が鎮痛薬を必要とします。術後の治療はとくにありませんので、基本的に入院期間は4,5日間までとしています。早期退院を希望し手術翌日退院される方もおられます。
②③内視鏡下鼻・副鼻腔手術III,IV型
現在、副鼻腔炎の手術の大部分は内視鏡下鼻内のみの操作で行い、以前のように顔面や口内の切開を必要とすることはほとんどありません。鼻内の広範囲が創面となるため、止血目的で鼻内にガーゼを留置し、基本的には手術翌日に抜去、入院期間は4日間程度としています。入院される方の手術はほとんど全身麻酔下となっていますが、病状によっては局所麻酔下・外来手術も可能です。操作範囲によりI-V型と分類されていますが、身体への負担はそれほど差がありません。なお、術後の鼻内の変化は個人差が大きく、術後の鼻処置が重要です。また、アレルギーや特に喘息のある方は、術後の再発傾向が強いことを術前によく理解していただく必要があります。
④鼓室形成手術
主に慢性鼓膜穿孔や中耳真珠腫に対して行います。当科では耳後部切開により経外耳道的に、場合によっては乳突削開術(耳後部の乳様突起をドリルで削って中耳にアプローチします。)を加えて操作しています。慢性鼓膜穿孔を生じる原因として、慢性中耳炎・鼓膜チューブ留置・外傷などがありますが、当科では80-90%の方は、通院による人工材料を用いた鼓膜穿孔閉鎖術で治癒させることができています。ただし鼓膜・中耳内の癒着の存在など、状態によっては外来治療が不適当と診断します。中耳真珠腫については、乳突削開術を併用することが多く、場合によっては鼓膜の振動を内耳へ伝えている耳小骨の連鎖離断・自家骨や軟骨による再建を伴います。通常、頭に包帯を巻いたまま手術翌日退院とし、包帯は手術2日後に自宅で除去してもらい、1-2週間後に再診としています。
⑤耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術)
耳下腺腫瘍の9割程度は良性です。術前に細胞診は行った上で術式は決定しますが、摘出した組織に対して確定診断が下されます。術前には良性腫瘍を疑われていたものの、最終的には悪性腫瘍と診断される場合もあるということになります。耳下腺内を顔面神経が走行しているため、手術の合併症として顔面の運動麻痺を生じる危険性があります。なお、良性腫瘍も様々に分類されますが、多くは多形腺腫とワルチン腫瘍です。後者はほとんど喫煙者にしか生じません。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 99 7.60 6.07 0.00 32.07
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 59 6.02 6.10 3.39 33.00
K893 吸引娩出術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当院は総合周産期母子医療センターに指定されており、切迫早産や産科合併症症例を妊娠22週(妊娠6ヶ月)から母体・胎児集中治療管理室(MFICU)において受け入れています。
昼夜を問わず緊急で紹介・搬送され、状態によっては入院後直ちに緊急帝王切開術となる例も多く、緊急帝王切開術は63%を占めています。そのほかに反復帝王切開例をはじめとする予定(選択)帝王切開例の症例も増加しています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 51 1.24 8.06 0.00 50.73
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 50 0.94 4.04 0.00 41.64
K867 子宮頸部(腟部)切除術 47 1.02 0.98 0.00 38.21
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術 腹式 42 1.21 6.98 0.00 36.02
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 41 1.00 5.07 4.88 49.00
①子宮全摘術
子宮筋腫等の良性腫瘍や子宮の前癌病変・初期癌に対する開腹手術です。腹腔鏡下手術に適さない大きさや既往の開腹術等がある症例が対象です。
②子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの
卵巣の良性腫瘍に対する腹腔鏡下の卵巣卵管切除術です。当院では悪性の可能性が有る症例は原則開腹しています。
③子宮頸部(腟部)切除術
子宮頸癌の前癌病変である高度異形成に対する子宮頸部の部分切除術で子宮の大半は温存され、術後の妊娠も可能です。経腟的な手術です。
④子宮筋腫摘出(核出)術 腹式
開腹による子宮筋腫に対する手術で、子宮より筋腫のみを摘出し子宮本体を温存する手術です。
⑤腹腔鏡下腟式子宮全摘術
腹腔鏡下に子宮全摘を施行する手術で、主に子宮の良性腫瘍や子宮の前癌病変が対象です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 25 0.29
180010 敗血症 同一 10 0.12
異なる 21 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.08
異なる 2 0.02
臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である播種性血管内凝固症候群、敗血症、真菌症、手術・術後の合併症について発症率を集計しています。
【指標の定義】
播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・術後の合併症について、入院契機病名(DPC6 桁レベル)の同一性の有無を区別して症例数と発生率を示しています。
【解説】
播種性血管内凝固症候群や敗血症は原疾患治療中に発生する合併症と考えます。
これらは重篤な合併症であるため、症例数、発生率について病院全体で減少に取り組んでまいります。
更新履歴