MENU CLOSE

禁煙外来

熊本市民病院 → ご来院の方へ → 外来のご案内 → 専門外来 → 禁煙外来

特徴

 喫煙は病気の原因の中でも「予防できる最大で単一の原因」(WHO)と言われ、悪性腫瘍・呼吸器疾患や循環器疾患の発症と関連することはよく知られています。しかし頭の中では「悪い、きっとやめた方がよい」と分かってはいても、そう簡単にやめられないのがタバコです。やめられない理由は、7割以上の喫煙者が「ニコチン依存症」という病気であるためです。タバコに含まれるニコチンには強い依存性があり、自力でやめようとチャレンジすると、不安、イライラ、集中力の低下、気分が沈むなどの症状が出現します。この離脱症状を改善するために、再び喫煙するといった、悪循環(負のフパイラル)が続いている方がたくさんいらっしゃいます。

 この不快な気持ちは、喫煙者本人にしか体験できず、他者にはわかりにくいものですが、当院禁煙外来では、禁煙を希望される方の気持ちに向き合い、無理なく禁煙を継続するためのお手伝いをさせて頂きます。

当院は平成20年1月1日より敷地内禁煙とし、保険診療で禁煙外来を医師と看護師がタッグを組んで実施しております。

アピールポイント

  1. 禁煙外来は週1回 毎週水曜日 脳神経内科が担当しています
  2. 待ち時間対策
    禁煙治療には、お薬を処方するだけではなく、カウンセリングも重要な治療となります。そのため午前中の一般診療の患者様の多い午前中は避けて、午後14:00から完全予約制で診療を行っております。
  3. 未成年や妊娠中の方の禁煙支援も行っております。

受診時の注意点

 禁煙外来を保険診療で行うためには5つの条件があります。簡単に自宅でできますので、まずは基準を満たしているかチェックしてみてください。

<チェック1>

ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS : Tobacco Dependence Screener)

<チェック2>

1ヵ月以内に禁煙を始めたいと考えている。

 

<チェック3>

ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上である(35歳以上)。

ただし34歳未満はこの条件を満たさなくても禁煙治療が可能です。

 

<チェック4>

禁煙治療を受けることを文章で同意することができる。署名が必要です。

 

<チェック5>

過去1年以内に保険診療で禁煙治療を受けていない。

 

※以上5つの項目全てが当てはまる方が保険診療で禁煙治療の対象者となります!

実施日

毎週水曜日午後2時〜

担当スタッフ

脳神経内科:橋本洋一郎(禁煙指導専門医)

申込方法

  1. 上記5つの条件に当てはまり、「禁煙を始めよう」と考えたら、予約センターにお電話をしてください。(代表:096-365-1711)
  2. 「禁煙治療を希望」と伝えると、担当者が予約を入れます。完全予約制です。