MENU CLOSE

令和元年の職員の募集について

熊本市民病院 → 令和元年の職員の募集について

医師を募集しています

1 職種、採用予定人員及び職務の概要

職種:医師職
診療科 採用予定人数 職務の概要
産科 若干名 熊本市民病院等において、医師の業務に従事します。
救急科 若干名 熊本市民病院等において、医師の業務に従事します。

2 採用予定日

2019年10月1日以降

3 応募資格

 採用日以後の最初の3月31日において65歳以下の方で、日本国の医師免許取得者。ただし、平成16年4月以降医師免許を取得した方にあっては、臨床研修を修了した方(見込みを含む。)とします。
 ただし、次の地方公務員法第16条の各号のいずれかに該当する方は受験できません。
  • 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む)
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  • 熊本市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊すること

を主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

4 試験内容

書類審査(履歴書、医師免許の写し)の上、面接により選考を行います。

5 応募手続

 履歴書(市販のもので可、医師免許取得後の職歴は省略することなく記載してください。)及び医師免許証の写しを事務局総務課へ郵送又は持参してください。
 応募書類受領後、面接試験の日程等を調整させていただきます。

6 応募期間

随時(採用者決定後終了します。)

7 外国籍職員の担当業務等について

 外国籍の方が受験を希望される場合は、次の事項を確認してください。
 「公権力の行使または公の意思の形成に参画する公務員については、日本国籍を必要とする」という公務員の基本原則に基づき、熊本市では、外国籍の職員は次のような業務に就くことができません。
(1)公権力の行使にあたる業務について
 公権力の行使にあたる業務とは、次のとおりです。
  • 市民の権利や事由を一方的に制限する内容を含む業務
  • 市民に義務や負担を一方的に課す内容を含む業務
  • 市民に対して強制力をもって執行する業務
  • その他公権力の行使に該当する業務
(2)公の意思の形成に参画する職について
 公の意思の形成に参画する職とは、「熊本市の行政の企画、立案、決定等に関与する」職であり、原則として、ラインの課長以上の職、及び本市の基本政策の決定に携わる主査以上の職(基本計画の策定、予算査定、組織人事労務管理等)が該当します。
(3)昇任について
 外国籍の職員についても、上記の公務員の基本原則にあたらないポストであれば、就くことができます。そのため、科部長(課長級)までの昇任が可能となります。

8 合格から採用まで

(1)受験資格がないことや、受験申込書類に虚偽又は不正があることが明らかになった場合は、採用を取り消すことがあります。
(2)日本国籍を有しない方で、採用日において法令により永住が認められていない方は、採用されません。

9 勤務条件等

(1)勤務時間
常勤(週38時間45分)
土日祝日及び夜間の勤務有り


(2)休日・休暇
週休2日。休暇は、1年間に20日(初年度は採用日により異なります。)付与される年次有給休暇をはじめ、忌引休暇、夏期休暇等があります。


(3)給与
給与は、熊本市病院事業企業職員の給与に関する規程等の規定に基づき支給されます。
【参考例】

経験年数 年収概算金額(地域手当、特殊勤務手当、初任給調整手当、期末・勤勉手当含む)
5年 10,787千円
15年 13,089千円

※大学を卒業して医師免許を取得し、かつ臨床研修を修了後の経験年数です。
※このほか、扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当等がそれぞれの支給要件に応じて支給されます。
※平成30年12月1日時点の参考です。役職、経験年数に応じて額が変動します。また、給与改定等により額が変動する場合があります。


(4)年金・健康保険等
熊本県市町村職員共済組合に加入することになります。

お問い合わせ先

採用情報の詳細につきましては、下記までお問い合わせください。
お電話でのご相談 熊本市病院局事務局総務企画課(熊本市民病院内)
〒862-8505 熊本市東区東町4丁目1-60
電 話:096-365-1711(内線3125)
メール:shiminbyouinsoumukikaku@city.kumamoto.lg.jp

今後の職員の募集について、

応募資格や応募方法についての詳細が決まり次第、ホームページ等に掲載いたします。