「7対1看護体制」に移行しました

2014.11.01

当院は、平成26年11月1日より「7対1看護体制」に移行しました。
 「7対1看護体制」とは、一般病棟に入院されている患者さん7人に対して1人の看護師が勤務している体制のことです。
 これまでの体制は「10対1」でしたが、「7対1」になったことにより、看護師1人あたりの受け持ち患者数が少なくなり、ゆとりある手厚い看護が可能となります。
 今後とも、安全でより質の高い医療や看護が提供できるよう努めて参りますので、皆様のご理解をお願いいたします。
 
問い合わせ先 熊本市民病院 医事課
電  話  096-365-1711(内1180)