専門外来【緩和ケア外来】

ごあいさつ

緩和ケアセンター長 橋口 清明

当院は、地域がん診療連携拠点病院として緩和ケアに力を入れています。当院では、主治医とともにさまざまな職種のスタッフがチームを組んでいます。チームは主治医の他に、緩和ケア専門の医師や看護師、薬剤師、管理栄養士、社会福祉士などで構成されており、それぞれの専門的な立場で意見を交換し合い、入院中の患者さんやそのご家族だけでなく、通院中の患者さんにも切れ目なく緩和ケアを提供できるよう緩和ケア外来を併設し、外来の患者さんの相談にも応じています。

緩和ケアとは

緩和ケアとは、2002年に世界保健機関(WHO)によって “生命を脅かす疾患に伴う問題に直面する患者と家族に対し、疼痛や身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期から正確にアセスメントし解決することにより、苦痛の予防と軽減を図り、生活の質(QOL)を向上させるためのアプローチである”と定義されています。簡単に申しますと、『緩和ケアは、病気によって生じる痛みや苦しみを早い時期から取り除き、できるだけ今まで通りの生活を送れるようにするためのお手伝い』ということです。

緩和ケアは、痛みやだるさ、吐き気などの身体的苦痛や、不安・心配などの精神的苦痛を療養生活の早期から取り除き予防することで、「自分らしく」生活していけるようにサポートしていく医療であり、末期がんの患者さんだけではなく、身体やこころの「つらさ」を抱えている方すべてが対象になります。がん患者さんの場合は、がんと診断された時から並行して緩和ケアを行っていきます。
2人に1人ががんになり、3人に1人はがんで亡くなっている、というがんが国民病と言っても過言でない最近の傾向から「緩和ケア」が重視されるようになっています。また、がん患者さんやご家族が緩和ケアを受けられるように国は平成18年に「がん対策基本法」を制定し、地域の医療機関の中心となってがん診療を行う「がん診療連携拠点病院」を全国に設置しました。その指定を受けている当院でも、がん医療の中心を担うと共に地域の医療機関と連携を図りながら、がん患者さんとご家族を支援しています。

緩和ケア外来のご案内

緩和ケア外来は、緩和ケアチームの中心である麻酔科の医師と緩和ケア認定看護師が診療を担当し、痛みや吐き気といった身体症状から不安や不眠といったこころの悩みなどに対応しています。患者さんやご家族の話をゆっくり聞くことができるよう、十分な時間を用意して診察にあたります。来院時は、保険証やお薬手帳のほか、お持ちであれば「私のカルテ」を持参されることをお勧めします。現在は、平成28年熊本地震の影響により緩和ケア外来を休診しております。再開の目処が立ちましたら改めてお知らせいたしますので、何とぞご了承ください。

お問い合せ先

緩和ケアをご希望の方は主治医または看護師にご相談ください。緩和ケアについて詳しい説明をご希望される場合は下記にご連絡ください。相談員が対応いたします。

がん相談支援センター(TEL: 096-365-1864)

月~金曜日(8:30~17:00)

緩和ケア外来のご予約について

申し訳ございません。ただいま休診中です。