専門外来【禁煙外来】

禁煙外来の特徴

病気の原因の中でも「予防できる最大で単一の原因」(WHO)と言われ、悪性腫瘍・呼吸器疾患や循環器疾患の発症と関連することがよく知られる喫煙習慣をやめたい方の診療を行います。約7割の喫煙者が強い依存性があるニコチンによる「ニコチン依存症」という病気であることが多く、自力で禁煙を試みると不安、イライラ、集中力の低下、気分が沈むなどの離脱症状が発現し、再び喫煙してしまう負のスパイラルが起きることが多いですが、当院禁煙外来では禁煙を希望する方の気持ちに向き合い、無理なく禁煙を継続するためのフォローをいたします。また、当院は保険診療が可能なため通いやすいのも特長です。

当院の特徴

・診察は月曜(呼吸器内科)・水曜(神経内科)の週2回です。初回診察した医師が禁煙治療の主治医となります。
・禁煙治療では、薬の処方のほかカウンセリングも重要な治療のひとつです。そのため混雑する午前中を避け、14時からの完全予約制で待ち時間なく治療を行う体制をとっています。
・禁煙治療は12週間で5回の診察が基本コースとなり、受診日以外でも不安なことには電話やメールでの相談に応じています。予約して来院しなかった場合の確認や、外来終了後の禁煙継続確認を約半年後・1年後の2回実施しています。
・未成年や妊娠中の方の禁煙支援も行います。

診療実績

平成20年1月より毎年約50名が禁煙外来を受診しています。
過去1年間の受診は54名で、終了時の禁煙成功率は64.8%です。
その中で、禁煙プログラムの12週、5回受診した方の禁煙成功率は97.1%で、半年後の禁煙成功率も90%を超えています。(1年後の継続率は約60%)

※保険診療での禁煙治療は1年に1度だけです。ぜひ12週間5回の受診をお勧めします。

医療機関の認定

ニコチン依存症管理料算定医療機関

スタッフ紹介

医師

月曜日 呼吸器内科
 岸 裕人

水曜日 神経内科
 橋本洋一郎 (禁煙外来責任者)

看護師

内科外来の看護師が担当いたします。日本禁煙学会認定指導看護師がいます。

その他アピールポイント

1. 禁煙外来を保険診療で行うためには5つの条件があります。

簡単に自宅で試せるので、まずは基準を満たしているかチェックしてみてください。

チェック1

ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS : Tobacco Dependence Screener)

ニコチン依存症スクリーニングテスト はい いいえ
1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコをすってしまうことがありましたか    
2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか    
3 禁煙や本数を減らしたときに、タバコがほしくてたまらなくなることがありましたか    
4 禁煙や本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか
イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手の震え、食欲または体重増加
   
5 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか    
6 重い病気にかかって、タバコはよくないものと分っているのに吸うことがありましたか    
7 タバコのために健康問題が起きていると分っていても吸うことがありましたか    
8 タバコのために精神的問題が起きていると分っていても吸うことがありましたか    
9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか    
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか    
合計    

→判定:5点以上の場合、タバコ依存症である可能性が高く、保険診療対象となります。

チェック2

1ヵ月以内に禁煙を始めたいと考えている

チェック3

ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上である。

チェック4

禁煙治療を受けることを文章で同意することができる。署名が必要です。

チェック5

過去1年以内に保険診療で禁煙治療を受けていない

※以上5つの項目全てが当てはまる方が保険診療で禁煙治療の対象者となります!

予約方法・外来受診の流れ

1 上記5つの条件に当てはまり、「禁煙を始めよう」と考えたら、内科外来にお電話をしてください。(代表096−365−1711 内科外来)
2 内科外来で「禁煙治療を希望」と伝えると、担当者が予約を入れます。完全予約制です。
3 診察当日は、総合受付で受付をすると、診察外来へご案内します。
4 必要な書類をご記入ください。(問診票・同意書など)
5 看護師のカウンセリング、計測(身長、体重)があります。
6 医師の診察(一酸化炭素濃度の測定、カウンセリング、薬剤の決定、処方、次回受診日の予約など)があります。
7 処方箋を発行すますので、会計後に調剤薬局で薬剤を受け取ってください。
※当院は調剤薬局とも、副作用の有無など連携をとって治療にあたっています。

禁煙外来の料金

保険適応の費用の目安としては、5回の外来治療で3割負担の場合、1万3千円から1万9千円前後です。薬剤によって金額に若干違いがあります。

貼付薬の場合 内服薬の場合
禁煙補助薬 ニコチンパッチ
(商品名:ニコチネルTTS)
バレニクリン
(商品名:チャンピックス)
治療にかかる費用の目安 約13,000円
(保険診療で3割負担の場合)
約19,000円
(保険診療で3割負担の場合)

※未成年の禁煙外来につきましては、自由診療となります。

 

禁煙外来自費料金
初回 2,160円
2回目から5回目 1,080円

※ただし、薬剤は院外において自費購入

詳細はお電話でお問い合わせください。(対応時間:午後14:00−16:00)

主な対象疾患

ニコチン依存症

注意事項

完全予約制です

ご予約希望の方は14:00〜16:00の時間帯に、内科外来受付(096-365-1711内線3110)までご連絡ください。
※お待たせする可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

担当者からのメッセージ

喫煙は習慣や嗜好と捉えている方が多いのですが、その本態は「ニコチン依存症」という病気です。適切な治療により楽に禁煙は継続できます。
5つの条件をクリアしたすべての喫煙者の方は、保険診療で禁煙治療を受けることができます。お気軽にお問い合わせください。