前立腺がん検診

前立腺がん検診の特色

近年、日本では前立腺がんの患者数が急激に増加しており、16人に1人(6%)がかかると言われています。前立腺がんの可能性があるかどうかは血液検査で「PSA」という値を調べることで分かります。熊本市のPSA検査受診率はわずか10-20%、そのため転移がんが30%を占めています。症状のない早期がんを発見するにはPSA検査を受けるしかありません。みなさんが検診を受けられることで転移がんの割合は確実に低下し前立腺がんで亡くなる方は減少します。(米国ではPSA検査受診率が75%と高いため転移がんの割合はわずか3%です。)
当院では採血から1時間で結果をご説明できます。50歳を過ぎたら1回はPSA検査を受けられることをおすすめします。

内容

前立腺がん発見のため検診腫瘍マーカーでありますPSAの採血検査のみです。
PSA検査は血液検査で前立腺がんを見つける簡便な検査法です。
「前立腺」「特異」「抗原」の英語(Prostate Specific Antigen)の頭文字をとってつけられました。
PSAは、前立腺でつくられるタンパク質の一種で、健康なときも血液中に存在しますが、前立腺がんが発症すると大量のPSAが血液中に流れ出すことから、前立腺がんの腫瘍マーカーとして用いられるようになりました。PSA値が高いほど前立腺がんの可能性は高くなります。
PSA値が4より高ければ、前立腺がんを疑い、PSAが10で3分の1、20で半分、50以上ではほとんどの患者さんに前立腺がんが発見されます。

対象

50歳以上男性

予約枠

火・木曜日午後(予約可です))

診察時間

13~14時に受付後、採血を行います(採血室)。
15~16時に泌尿器科医が結果を説明いたします(泌尿器科外来)。

料金

1,620円(PSA検査料+血液採血量+消費税)

予約について

泌尿器科外来受付 365-1711 内線3210 ご予約お問い合わせは14~16時の時間帯でお願いいたします。

担当者からメッセージ

前立腺がん検診の普及を第1の目的としておりますので、費用は必要最小限に設定しています。(検査判断料はいただいておりません。) 前立腺がん検診で当日に、しかも約1時間で結果をご説明できるのは熊本では当施設のみです。

泌尿器外来受付

096-365-1711 内線 3210
ご予約お問い合わせは14時~16時の時間帯にお願いいたします。

がん相談支援センター
外来化学療法センター
緩和ケアセンター