診療科のご案内【脳神経外科】

重要なお知らせ

2016年4月の熊本地震以降、当科では外来診療のみを行っています。紹介患者さんや新患の患者さんの診察は受け付けております。頭部CT検査は可能ですがMRI検査が行えませんので、必要な場合には他院で検査を受けていただいた後に結果の説明をさせていただいています。入院診療や手術が必要と判断される場合は、他の専門施設に紹介させていただきます。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

脳神経外科の特色

脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍、小児脳神経外科疾患、機能性神経疾患、特発性正常圧水頭症などの脳神経疾患の診療を行っています。特に救急患者の割合が高く緊急の処置が必要であることが多いため、24時間体制で質の高い救急医療を実践しています。

くも膜下出血の原因となる破裂脳動脈瘤には主にクリッピング手術やコイル塞栓術を実施しています。脳出血の外科治療には神経内視鏡を応用したより低侵襲の治療を実践しています。脳梗塞、TIAなどの虚血性脳血管障害に対しては、頸動脈内膜剥離術(CEA)や頭蓋内外血管のバイパス手術による治療を行います。

当院には総合周産期母子医療センターがあり、県内全域から多くの先天性神経疾患(水頭症、脳瘤、脊髄髄膜瘤など)が入院します。新生児・乳児の小児脳神経外科領域の診療には豊富な経験があり、充実した設備・スタッフで治療にあたります。

良性脳腫瘍(髄膜腫、神経鞘腫など)や、悪性脳腫瘍の診断、治療(手術療法、放射線治療、化学療法)は、熊本大学脳神経外科と協力して行っています。

外傷性頭蓋内出血の外科治療の他、重症頭部外傷・多発外傷例も関連各科と協力しながら治療が可能です。

顔面けいれんや三叉神経痛などの機能性神経疾患には、複数の神経モニタリング装置を利用しながら安全性、確実性の高い手術治療を実施しています。最近増加傾向で注目される特発性正常圧水頭症(iNPH)には、脳神経外科手術(髄液シャント手術)を行うことにより歩行障害、認知症状、尿失禁などの症状改善に努めます。

医療機関の認定

日本脳神経外科学会専門医訓練施設
日本脳卒中学会認定研修施設

スタッフ紹介

熊本市病院事業管理者(熊本市民病院長事務取扱) 髙田 明

院長髙田 明(S55年卒)

脳神経外科全般、脳血管障害、頭部外傷、小児脳神経外科、機能性神経疾患

  

日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本脳卒中学会評議員

主な対象疾患

脳血管障害

くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、TIA、もやもや病、内頚動脈狭窄症、脳動静脈奇形、RCVS、硬膜動静脈瘻

頭部外傷

急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、脳挫傷、外傷性くも膜下出血、頭蓋骨骨折、CCF

脳腫瘍

髄膜腫、下垂体腫瘍、聴神経腫瘍、神経鞘腫、神経膠腫、頭蓋咽頭腫

小児関連

胎児期水頭症、先天性水頭症、未熟児頭蓋内出血、脳瘤、脊髄髄膜瘤、脊髄披裂、二分脊椎、脊髄脂肪腫、脊髄空洞症、キアリ奇形、頭蓋早期癒合症

機能性神経疾患

顔面けいれん、三叉神経痛、舌咽神経痛、特発性正常圧水頭症

担当者からのメッセージ

脳神経外科領域全般にわたる診療を行っています。特に新生児センターを有することから、多くの新生児、乳児の神経疾患を扱ってきた伝統は現在も大切に引き継がれており、症例も県内随一の実績です。また最近は機能的神経疾患の紹介も多く、顔面けいれん、三叉神経痛の治療成績も神経モニタリングの応用で向上しています。特発性正常圧水頭症の治療にも積極的に取り組んでおり、常にエビデンスレベルの高い治療を提供するため日々研鑽を重ねています。

病気のお話

診療実績

2015年の手術総数は135例でした。

脳血管障害 37例 (うち脳動脈瘤クリッピング19例、コイル塞栓術8例、脳内血腫除去(内視鏡含む)10例)

外傷性頭蓋内出血&慢性硬膜下血腫 30例

頭蓋内微小血管減圧術(顔面けいれん、三叉神経痛など) 10例

小児水頭症・先天奇形・髄膜披裂など 11例

特発性正常圧水頭症手術(シャント手術) 18例