診療科のご案内【神経内科】

神経内科の特色

頭痛、めまい、しびれなどを中心に脳神経疾患全般を対象に診療を行っています。
特に、片頭痛、群発頭痛など、頭痛診療に積極的に取り組んでいます。
認知症の鑑別診断も行っています。
眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、歯科口腔外科など他科との連携が必要な神経疾患もスムーズに診療することが可能です。

●現在入院診療は休止中です。診察の結果、入院が必要と判断される場合は適切な医療機関へご紹介いたします。

医療機関の認定

日本神経学会 教育病院
日本脳卒中学会 教育病院
日本頭痛学会 教育病院
日本リハビリテーション医学会 教育病院

スタッフ紹介

神経内科(橋本)

首席診療部長橋本 洋一郎(S56年卒)

脳血管障害、頭痛、神経内科、リハビリテーション

日本脳卒中学会(脳卒中専門医)
日本神経学会(神経内科専門医,指導医)
日本リハビリテーション医学会(リハビリテーション科専門医)
日本内科学会(認定内科医,指導医)
日本頭痛学会(頭痛専門医)
日本プライマリ・ケア連合学会(プライマリ・ケア認定医,指導医)
熊本大学臨床教授

主な対象疾患

脳卒中:脳梗塞
頭痛:片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛、脳脊髄液漏出症など
てんかん
認知症
神経変性疾患:パーキンソン病、運動ニューロン病、脊髄小脳変性症など
脱髄性疾患:多発性硬化症など
代謝性疾患
末梢神経疾患
脊椎・脊髄疾患
自律神経疾患
膠原病などの内科疾患に伴う神経症状

その他アピールポイント

頭痛、めまい、しびれ、ふるえ、歩行障害、物忘れの患者さんを数多く診療しています。

特に頭痛は他の施設で上手く治療できない患者さんを数多く受け入れています
(片頭痛、群発頭痛、薬物乱用頭痛など)。

神経難病は大学病院等と協力して診療しています。

X線検査、CT、超音波検査は院内で検査できます。
必要に応じMRIやSPECTなどの検査を近隣の医療機関に依頼して診断を進めていきます。

入院診療が必要と考えられる場合は適切な医療機関へご紹介いたします。

担当者からのメッセージ

神経疾患はCTやMRIなどの検査も重要ですが、病歴の聴取や診察(神経学的診察)はもっと重要です。
今までの治療経過などが分かると診断の精度も高まるため、かかりつけ医の紹介状やおくすり手帳を持参のうえで受診することをお勧めしています。
突然の手足のまひ等、脳梗塞を考えさせるような症状の場合は、救急車を要請して適切な医療機関へ搬送してもらうようにしてください。
(当院では現在緊急入院での治療を行うことができません)

病気のお話

診療実績

2015年1〜12月の入院数

1. 脳梗塞 197例、一過性脳虚血発作 24例、 眼虚血症候群 4例、
  脊髄梗塞 1例、他 5例 (脳血管障害合計 231例)
2. 頭痛 12例(脳脊髄液漏出症・疑い、体位性頻脈症候群を含む)
3. てんかん 36例
4. ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎合わせて 7例
5. 脳炎・脳症・髄膜炎・脳膿瘍 25例
6. めまい 14例
7. 多発性硬化症・視神経脊髄炎・視神経炎・脊髄炎 13例
8. パーキンソン病・パーキンソン症候群・レビー小体型認知症 7例
9. 水頭症(正常圧水頭症等)16例
10. リウマチ性多発筋痛症 3例、筋萎縮性側索硬化症 1例、脊髄小脳変性症 1例
  その他の疾患 65例
計432例