診療科のご案内【新生児内科】

重要なお知らせ

 当院新生児病棟はこれまでNICU (Neonatal Intensive Care Unit)18床、後方病床であるGCU (Growing Care Unit) 24床の総合周産期母子医療センターでした。特に未熟性の極めて強い超早産児、先天性心疾患、新生児期に手術を必要とする外科疾患や脳外科疾患、様々な合併症を抱えた症候群の児などの重症の新生児の入院管理を役割としており、新生児内科、小児循環器内科が主科となり様々な科と協力して診療に当たっていました。
 しかし、平成28年熊本地震にて従来の新生児病棟は使用できなくなり、一旦は入院診療を完全に中止せざるを得ない状況となりました。今後は、平成30年秋に開院予定の新病院にて、従来の新生児病棟の機能を回復できるように準備を進めています。それまでの間、現在の当院の病棟を改築してNICU 9床、GCU 5床の新生児病棟を平成28年12月26日より開設致しました。現在、新生児内科、小児循環器内科が主科となり診療を行っています。しかし、地震前と比較して病床数は3分の1であり、当院での分娩ができない事、新生児への手術が一部を除きできない事など地震前と比べてその機能は限定的です。
 児及びご家族、県内外の産科施設、周産期母子医療センターには多大なるご迷惑をおかけしており、大変申し訳ありません。

現在の当院NICUで可能な診療

 ・各種人工呼吸管理 を始めとする新生児集中治療
 ・種々の合併症を持った新生児に対する集中治療
 ・先天性心疾患の児のカテーテル治療、手術を除く入院治療(低酸素療法を含む)
 ・頭部MRI (武蔵ヶ丘病院にて撮影)、CT、aEEGなどの各種検査
 ・未熟児網膜症に対する検査、治療
 ・超早産児に対する生後管理
 ・低体温療法
 ・病院救急車「すこやか号」による新生児搬送(日中と搬送週の夜間・休日)

医療機関の認定

総合周産期母子医療センター、新生児集中治療施設

新生児臨床研究ネットワーク参加施設

日本周産期・新生児医学会周産期専門医制度(周産期新生児専門医)の基幹研修施設

スタッフ紹介

新生児内科(川瀬)

部長川瀬 昭彦(H5年卒)

日本小児科学会 小児科専門医、日本新生児成育医学会 評議員、日本周産期・新生児医学会 評議員、日本周産期・新生児医学会 新生児専門医指導医、日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法インストラクター、日本周産期循環管理研究会 幹事、ハイリスク児フォローアップ研究会 常任幹事、新生児医療フォーラム 管理人

新生児内科(猪俣)

医員猪俣 慶(H17年卒)

日本小児科学会 小児科専門医、日本小児科学会認定小児科指導医、日本周産期・新生児医学会 新生児専門医、日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法インストラクター、ICD(インフェクションコントロールドクター)

新生児内科(近藤)

近藤 裕一(S51年卒)

日本小児科学会 小児科専門医、日本小児臨床薬理学 会運営委員、日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法インストラクター、熊本大学薬学部 臨床教授、ICD(インフェクションコントロールドクター)

その他アピールポイント

当院NICUの4つのコンセプト
 ① Intensive care
 (高度な集中治療)
 ② Developmental care
 (外的ストレスを最小限にした環境下で成長や発達を促すケア)
 ③ Family centered care
 (子どもと家族の尊厳と多様性を重視して行われる包括的なケア)
 ④ Safety
 (安心安全な医療)

現在の当院で可能な治療は限定的ではありますが、様々な科の医師だけでなく、新生児集中ケア認定看護師2名、感染管理認定看護師1名を始めとする看護師・助産師に加え、栄養士、臨床心理士、臨床工学技士、薬剤師などの幅広い専門領域のスタッフが連携して、児とご家族のケアを行っています。
また在宅医療が必要な児においても、自宅での生活が可能になるように、児の状態や状況に応じて、かかりつけ小児科や拠点病院、訪問看護ステーションなどと連携をとってスムーズな在宅移行を目指しています。
NICUを退院した後もフォローアップ外来はもちろん、NICUを退院した児を対象としたNICU同窓会を開催するなど、退院後も引き続き児とご家族のサポートに努めています。
また、今後さらにより良い医療が行えるように、臨床研究や学会発表、論文作成も積極的に行っています。

⇒臨床研究、研究実績はこちら

注意事項

専門外来(午後:予約制)として、ハイリスク児の退院後のフォローアップを行っています。また、他の医療施設からの新生児の紹介も受けています。late preterm児の診察やパリビズマブ注射(シナジス外来)も行います。小児科・新生児内科外来に電話で予約をお願いします。

診療実績

H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27
総入院数 309 311 320 315 290 291 273 308 344 352
院外出生 80 73 70 111 68 71 75 86 120 94
すこやか号搬送入院 55 44 76 85 57 52 56 61 90 72
1,500g未満 58 61 75 64 57 51 56 66 46 66
1,000g未満(再掲) 35 34 39 36 34 32 26 46 30 36
人工呼吸療法 108 112 122 138 104 106 118 117 136 124
のべ手術件数 51 61 58 59 56 57 56 88 71 73
すこやか号三角搬送 6 7 21 20 43 40 50 55 45 29

fb_logo_nicu