診療科のご案内【新生児内科】

重要なお知らせ

2016年4月の熊本地震以降、本院では手術室やMRI検査などが使用できなくなっています。現在外来診療は通常どおり行っており、シナジス接種やフォローアップなどのご紹介もお受けしております。また、2016年12月26日に、NICU9床、GCU5床にて、入院診療も再開いたしました。まだ不十分な診療体制ではありますが、人工呼吸器管理なども可能になっております。県外への迎え搬送も可能ですのでご連絡ください。引き続き皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

新生児内科の特色

新生児内科は、在胎26週未満の超早産児と先天性心疾患、新生児外科疾患、脳外科疾患などの集中治療が必要な特に重症の新生児の受け入れを役割とし、その数と質は日本有数です。
当院は「すこやか号」と名付けた新生児専用救急車も備えており、その新生児救急車に当科の医師・看護師が乗り込み、新生児搬送や「三角搬送(施設間搬送)」も24時間365日担っています。

新生児集中ケア認定看護師2名、感染管理認定看護師1名をはじめとする看護師・助産師に加え、栄養士、臨床心理士、臨床工学技士、薬剤師、保育士、理学療法士、看護助手などの幅広い専門領域のスタッフが、新生児とその家族のケア、および多くの医療機器の管理を連携しながら行っています。また在宅医療への移行にも取り組んでおり、小児看護専門看護師を中心としたワーキンググループが活動しています。

産科とともに「総合周産期母子医療センター」に認定されている新生児内科では、県内の周産期医療資源が有効に機能し、熊本で妊娠、出産そして子育てをする方に最善の医療・ケアを提供できるように、他の周産期医療機関と連携・役割分担を行っています。その拠り所となる「熊本県周産期医療地域連携指針」を熊本県周産期医療協議会で作り上げ、変化に応じるべく改訂に努めています。

医療機関の認定

総合周産期母子医療センター、新生児集中治療施設

新生児臨床研究ネットワーク参加施設

日本周産期・新生児医学会周産期専門医制度(周産期新生児専門医)の基幹研修施設

スタッフ紹介

新生児内科(川瀬)

部長川瀬 昭彦(H5年卒)

日本小児科学会 小児科専門医、日本新生児成育医学会 評議員、日本周産期・新生児医学会 新生児専門医指導医、日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法インストラクター、日本周産期循環管理研究会 幹事、ハイリスク児フォローアップ研究会 幹事、新生児医療フォーラム 管理人

新生児内科(井上)

医長井上 武(H12年卒)

日本小児科学会 小児科専門医、日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法インストラクター

新生児内科(猪俣)

医員猪俣 慶(H17年卒)

日本小児科学会 小児科専門医、日本周産期・新生児医学会 新生児専門医、日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法インストラクター

新生児内科(谷口)

医員谷口 慎治(H18年卒)

新生児医療一般

新生児内科(近藤)

近藤 裕一(S51年卒)

日本小児科学会 小児科専門医、日本小児臨床薬理学 会運営委員、日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法インストラクター、熊本大学薬学部 臨床教授、ICD(インフェクションコントロールドクター)

主な対象疾患

早産児、低出生体重児

これまでに在胎22週0日のお子さんや、348gのお子さんも元気に退院しています。2011~2015の5年間の在胎26週未満の児の生存退院率は88%です。

小児外科疾患

年間約50例の新生児外科疾患症例が入院し、30~40例の手術を小児外科医師が行っています。

染色体異常症

21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーなどのお子さんが入院します。可能な限り在宅での生活を目指しています。

先天性心疾患

県内で出生し、新生児期に手術などの治療が必要な先天性心疾患のお子さんはほぼ全員当院NICUに入院となります(年間約50例)。主科は小児循環器内科医師となり、小児心臓外科医師が手術を行います。

その他アピールポイント

病棟 42床 新生児集中治療室(NICU) 18床、後方病床(GCU) 24床

医師 24時間常駐

独立看護単位

保育器 33台、インファントウォーマ 8台、新生児人工呼吸器 23台、CPAP装置 7台、低体温療法装置 1台、aEEG 1台、一酸化窒素吸入装置 2台、気管支ファイバーなど。体外式膜型人工肺(ECMO)、持続血液濾過透析(CHDF)、窒素混合低酸素換気療法も可能。

自動血液ガス分析装置、超音波診断装置、ポータブルX線診断装置など

新生児専用救急車「すこやか号」

熊本周産期懇話会:産科・小児科のスタッフの勉強会(熊大病院などと共催)

熊本新生児合同カンファランス:新生児をケアする施設の勉強会(熊大病院などと共催)

⇒臨床研究、研究実績はこちら

注意事項

専門外来(午後:予約制)として、ハイリスク児の退院後のフォローアップを行っています。また、他の医療施設からの新生児の紹介も受けています。late preterm児の診察やパリビズマブ注射(シナジス外来)も行います。小児科・新生児内科外来に電話で予約をお願いします。

担当者からのメッセージ

新生児内科では、出生体重300g台の超低出生体重児から、小児外科疾患や脳外科疾患を持つ児など、ほぼ全ての新生児疾患の治療を行っています。スタッフは医局・職種の垣根なく、チームワークよく診療を行っています。フォローアップ外来はもちろん、同窓会を開催するなど、退院後も引き続き親子のサポートに努めています。施設見学などはいつでも歓迎しております。

診療実績

H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27
総入院数 309 311 320 315 290 291 273 308 344 352
院外出生 80 73 70 111 68 71 75 86 120 94
すこやか号搬送入院 55 44 76 85 57 52 56 61 90 72
1,500g未満 58 61 75 64 57 51 56 66 46 66
1,000g未満(再掲) 35 34 39 36 34 32 26 46 30 36
人工呼吸療法 108 112 122 138 104 106 118 117 136 124
のべ手術件数 51 61 58 59 56 57 56 88 71 73
すこやか号三角搬送 6 7 21 20 43 40 50 55 45 29