診療科のご案内【循環器内科】

循環器内科の特色

循環器内科は主に心臓、大動脈、血圧、肺の血流、足の動静脈を担当しています。「現代医療の最新の知識を元に病気を正しく診断し、その結果に基づいてその患者さん個人個人に最も適した治療を選択・提案・実行して行く、すなわち患者さん本位の治療を行う」という当科理念に基づき、日本や世界の循環器学会のガイドラインや学術成果を元に偏りのないオーソドックスな治療を提供しています。患者さんの高齢化に従い、多くの方が合併症を併発していますが、総合病院の当院ではほとんどの合併症が院内で対応可能です。さらに本院は、心臓血管外科や小児循環器内科、小児心臓外科など、新生児から高齢者までの心臓疾患をひとつの病院でカバーできるという特長があります。成人の心臓奇形などもこれらの科が密接に連携し、診断・治療をしています。

スタッフ紹介

循環器内科(佐藤)

医員佐藤 幸治(H17年卒)

主な対象疾患

虚血性心疾患

従来のトレッドミル負荷心電図による心筋虚血の診断に加え冠動脈3次元CTも導入しております。患者さんの冠動脈の器質的異常を外来でより簡便にスクリーニングできます(腎機能などその適応には一部制限があります)。カテーテル検査が必要な場合は施行可能な施設と連携して診断・治療を行っています。

不整脈疾患

洞機能不全症候群や高度房室ブロックによる徐脈性不整脈に対するペースメーカー埋め込み術の適応について判断し、適応があれば可能な施設への紹介を行います。その他の不整脈疾患に対する内服加療も行っています。

弁膜疾患

経胸壁心エコー等による診断を行い、手術を含む治療適応について判断を行います。手術治療を要する場合、可能な施設への紹介を行います。

大動脈疾患,動脈硬化性末梢動脈疾患

大動脈瘤,大動脈解離,閉塞性動脈硬化症などに対する血管エコー検査、3次元CTによる診断を行います。手術治療を要する場合、可能な施設への紹介を行います。

先天性心疾患

成人における先天性心疾患に対する経胸壁心エコー等の検査、治療を行います。特に診断・治療の難しい複合心奇形に対しても小児循環器内科,小児心臓外科とのタイアップにより,専門的診断および治療が可能です。

心筋症

経胸壁心エコーによる診断および治療を行います。特殊な心筋疾患については診療可能な施設と連携し、診断・治療を行っていきます。

その他アピールポイント

本院の理念である「健康を願う市民を支援するため市民と協力し、仁愛と奉仕の心をこめて最善の医療を行う」ことを他の診療科と協力して行っていきます。

注意事項

平日の外来診療は木曜日を除く月曜日から金曜日まで行っており、新患の受付は同じ曜日の午前8時30分から午前11時までとなっております。

担当者からのメッセージ

日本人の死因上位は悪性新生物(がん)、心疾患、肺炎、脳血管疾患ですが、心疾患と脳血管疾患においてはその多くが動脈硬化を原因として発症することが多く、見方によっては日本人の死因は悪性新生物と動脈硬化性疾患が二大死因ということになります。心疾患・脳血管疾患の違いは、動脈硬化がどこに強く現れたかに過ぎないためです。そのため、動脈硬化を防ぐのは、健康を保つ上で非常に重要になります。日々の生活習慣に気をつけていても動脈硬化は無症状で進行していくため、当科では患者さんの健康維持と万一の時の疾患治療に役立つよう努力して参ります。

病気のお話

診療実績

平成24年~26年 外来患者数

合計(単位:人)
24年 8,404
25年 7,024
26年 5,992

平成24年~26年 入院患者数

合計
24年 515
25年 526
26年 407

平成24年~26年 入院患者疾患別割合

虚血性心疾患 42%
心不全 27%
不整脈 14%
大血管疾患 6%
心筋疾患 2%
弁膜症 1%
その他 8%