診療科のご案内【呼吸器外科】(休診中)

※ しばらくの間休診とさせていただきます。

呼吸器外科の特色

肺がん、気胸、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、膿胸など、心臓・大血管以外の胸腔内の病変および胸壁の病変の外科治療を行っています。また、気管・気管支病変に対する気管支鏡下の治療も行っています。

対応可能領域・疾患例

肺がん:進行度の低い病変に対しては、胸腔鏡下に低侵襲な手術を行います。進行度の高いものには、抗がん剤治療・放射線治療を組み合わせた集学的治療を行います。手術の方法には、肺葉切除、区域切除、部分切除等があり、その腫瘍に最適な方法で切除します。

気胸:若年者の自然気胸に対しては、胸腔鏡下手術を迅速に行います。高齢者に見られる続発性気胸や難治性気胸には癒着療法等で対応します。

縦隔腫瘍:腫瘍径の小さいものに鏡視下手術を行い、大きな腫瘍に対しては胸骨縦切開による手術を行います。

胸壁腫瘍:肋骨の合併切除および欠損部のメッシュによる再建などを行います

膿胸(胸に膿がたまる病気):抗菌薬治療が主体になりますが、膿を体外に出すための手術を行うことがあります。

気管・気管支腫瘍:手術で切除したり、手術ができない場合、気管支鏡下にレーザーやスネアで切除し、ステント留置などを行い気道の確保を行います。

医療機関の認定

日本外科学会専門医制度修練施設
日本胸部外科学会指定施設

スタッフ紹介

外科・呼吸器外科(横山)

診療部長横山 幸生(S59年卒)

消化器外科、外科一般

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
大腸肛門病学会専門医・指導医・評議員
日本がん治療認定医機構認定医

その他アピールポイント

鏡視下手術

肺がんに対しては進行度に応じて、気胸などの良性疾患に対しても、「鏡視下手術」を取り入れています。傷が小さく、痛みが少ないという患者さんにとっても有益な手術法です。

チーム医療

地域がん拠点病院である当院では、外科、呼吸器内科、放射線科、臨床病理科などと協力して、総合力で治療効果の向上に努めています。

担当者からのメッセージ

当科では、外科的な処置が必要な呼吸器の病気に対応しています。胸腔鏡下手術を主体に行っております。低侵襲であるため、短期入院で済み、仕事などへの早期の復帰が可能です。

診療実績

年間総手術件数:39件(肺がん:19件、気胸:17件、その他:1件)