診療科のご案内【呼吸器内科】

呼吸器内科の特色

あらゆる呼吸器疾患が対象ですが、気管支喘息やCOPD、咳喘息をはじめとする慢性咳嗽(長引く咳)、肺がん、肺炎や気管支拡張症、非結核性抗酸菌症などの感染症、間質性肺炎やサルコイドーシス、呼吸不全などに力を入れています。
地震の影響で超音波内視鏡(EBUS-TBNA)を含む呼吸器内視鏡検査、入院での検査・治療ができない状況です。

対応疾患とその治療法

気管支喘息

慢性期は、肺機能検査や呼気NO検査等の客観的指標を用いて、喘息状態に合わせた治療法についてはGINAなどの国際的なガイドラインを参考にした治療を行います。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

GOLD(慢性閉塞性肺疾患のためのグローバルイニシアティブ)ガイドラインなどを参考に、多くの吸入薬を使い分けて治療しています。

肺がん

日本肺癌学会ガイドラインに準じた治療を行っています。地震の影響で入院加療ができず、外来での点滴による抗がん剤治療、手術、放射線治療は他院にお願いしています。

感染症

軽症の肺炎は外来加療を行っておりますが、酸素が必要など入院の必要な肺炎、敗血症などは他院にお願いしております。

間質性肺炎

特発性間質性肺炎と診断された時は、ステロイド薬や免疫抑制剤、抗線維化薬ピルフェニドンを病型に応じて適用しております。また、皮膚科や整形外科、放射線科、病理検査部の各部門と連携し、膠原病関連の肺疾患、まれな間質性肺疾患等の総合的な診療が可能です。

サルコイドーシス

以前から症例数も多く、診断から治療方針まで精通しております。

呼吸不全

急に悪化した酸素や人工呼吸管理が必要な急性呼吸不全は他院に紹介しております。慢性呼吸不全による在宅酸素療法、気管内挿管をせずに行えるNIPPV (非侵襲性陽圧人工呼吸)の管理は外来にて継続して行っております。

医療機関の認定

日本呼吸器学会認定施設、日本呼吸器内視鏡学会認定施設

スタッフ紹介

呼吸器内科(福田浩一郎)
 

副院長福田 浩一郎(S55年卒)

 

気管支喘息、COPD

 

日本内科学会認定内科医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医、日本呼吸器学会代議員、日本サルコイドーシス学会/肉芽腫性疾患学会評議員、熊本大学呼吸器病態学臨床教授

感染内科(岩越)
 

感染症内科部長岩越 一S62年卒

 

気管支喘息・慢性咳嗽・感染症

 

日本内科学会認定内科医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本感染症学会専門医、ICD(インフェクションコントロールドクター)

呼吸器内科(野村)

医員野村 眞欣(H6年卒)

主な対象疾患

気管支喘息、COPD、びまん性汎細気管支炎、気管支拡張症、慢性咳嗽、肺炎、胸膜炎、肺真菌症、肺結核、非結核性抗酸菌症、肺がん、胸膜中皮腫、縦隔腫瘍、特発性間質性肺炎、非特異性間質性肺炎、特発性器質化肺炎、好酸球性肺炎、膠原病肺、薬剤性肺炎、過敏性肺臓炎、サルコイドーシス、チャーグストラウス症候群、ANCA関連肺疾患、じん肺、自然気胸、肺胞蛋白症、肺リンパ脈管筋腫症など

その他アピールポイント

長引く咳 (慢性咳嗽)に悩み、呼吸器内科外来を受診される患者さんが大勢います。原因不明とされているこの症状は、咳喘息や後鼻漏、胃・食道逆流現象、百日咳やマイコプラズマ感染後の咳嗽、合併症が原因であり、当科ではこれらの症状を多数治療してきました。咳喘息や気管支喘息診断の一助となる、気道の好酸球性炎症の指標「呼気中一酸化窒素濃度」も測定できます。

注意事項

外来受付時間は毎日午前12時まで。(緊急外来はご連絡ください)

担当者からのメッセージ

身体障害者申請(呼吸機能障害)についてもお気軽にご相談ください。

病気のお話

診療実績(H27年1月から12月まで)

年間入院件数; 574例
疾患別入院患者; 肺炎 231例(40%),肺がん67例(12%), 間質性肺炎 61例(11%),自然気胸 34例(6%), 喘息29例(5%), 呼吸不全 24例(4%), COPD 11例(2%),敗血症11例(2%),その他 106例(18%)

入院状況; 救急入院・救急車あり 235例(40%),救急入院・救急車なし 239例(42%),予定入院 100例(18%)

死亡退院; 45例, うち剖検数 3例

内視鏡検査; 呼吸器内視鏡検査 115例, うち超音波内視鏡(EBUS-TBNA) 7例