診療科のご案内【リウマチ科】

※ しばらくの間休診とさせていただきます。

リウマチ科の特色

関節リウマチ診療はメトトレキサートや生物学的製剤の登場で、これまで関節の腫れや痛みをとることが目標であった時代から、痛みだけでなく、関節破壊も阻止し、機能障害や関節変形を抑えることが目標の時代へと変化しました。当科でもその目標に向かって早期診断、早期に適切な加療を行っております。
関節リウマチは関節だけでなく、臓器障害(肺や腎臓、リンパ腫など)、女性であれば出産もからんできます。当院は総合病院であり、他科の先生やスタッフと連携をとりながら安全に加療を行っております。
十分な薬物療法でも、少数の関節の腫れや疼痛が残ることがあり、手術が必要となることがあります。その場合には、リウマチに精通した当院の整形外科医により、専門性の高い関節・脊椎の手術を受けることも可能です。
また地域の医師と「関節リウマチ研究会」を設立し、地域の医師と共に知識向上に努め、患者さんが「普段通いやすい“かかりつけ医”と、急変時対応が可能な総合病院」の2人の主治医に診ていただいていると実感できる体制作りを進めております。

医療機関の認定

日本リウマチ学会認定教育施設(日本リウマチ学会専門医4名)

スタッフ紹介

整形外科(相良)

診療部長相良 孝昭(S60年卒)

脊椎外科

日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本リウマチ学会専門医
日本リハビリテーション学会専門医

主な対象疾患

関節リウマチは早期に見つけて治療をすれば治る病気になったと言っても良いでしょう。そのためには早期発見が重要で、1つでも関節腫脹を認めれば当科受診してみてください。

その他アピールポイント

関節リウマチは早期発見・治療をすれば治る病気になったと言っても良いでしょう。そのためには早期発見が重要で、1つでも関節腫脹を認めれば当科受診してみてください。
仮に罹患していたとしても、患者さんとお互いに意見を交わしながら、患者さんの満足度の高まる診療を行い、より高い日常生活レベルが維持できるようがんばりたいと思います。

注意事項

仮に関節リウマチに罹患していたとしても、患者さんとお互いに意見を交わしながら、患者さんの満足度の高まる診療を行い、寛解そしてその先にあるゴール(患者さんの経済負担軽減や生命予後の改善)も目指してがんばりましょう。

診療実績

約300例の関節リウマチおよび膠原病疾患の患者さんを診療し、半数以上の患者さんにMTX、約1割強の患者さんに生物学的製剤を使用した治療を施しています。