部門紹介【薬剤課】

薬剤課の特色

医薬品に関する情報の活用、病棟での薬学的説明、薬歴管理、治療薬・副作用モニタリングを通して患者さんに使用される医薬品の適正使用を支援しています。医療安全対策としては、スマートデバイス(アンプルピッカー、自動錠剤棚、バーコード識別調剤システム)を導入し、安全性を担保しています。
医薬品情報提供、病棟業務、治験管理、無菌調製が充実し、学会発表にも力を入れております。

薬剤課の目標

1.正確な薬の調剤・調製を行います。
2.薬の適正使用を支援し、チーム医療と副作用の防止に努めます。
3.患者さんの立場に立った薬学的説明を行います。
4.薬剤師としての知識と技術の維持・向上に努めます

業務

1. 調剤
処方せん調剤、薬学的説明、薬剤情報提供、薬歴管理

2. 製剤
特別な医薬品の調製

3. 注射薬供給
注射薬調剤、薬剤情報提供、薬歴管理

4. 医薬品情報提供
医薬品情報の収集・整理・評価・提供

5. 治験管理
治験薬の保管・調剤・管理

6. 無菌調製
抗がん薬の調製、薬歴管理、薬剤情報提供

7. 病棟業務
薬剤情報提供、薬学的説明、薬歴管理、副作用モニタリング、プレアボイド

8. チーム医療
ICT(感染対策チーム)、NST(栄養療法チーム)、緩和ケアチーム、化学療法チーム、診療科カンファレンス

医療機関の認定

日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設
日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師研修施設
日本医療薬学会認定薬剤師研修施設
日本病院薬剤師会がん専門薬剤師研修施設
日本静脈経腸栄養学会栄養サポート(NST)専門療法士研修施設

スタッフ紹介

薬剤科(末吉)

薬剤課長末吉 栄志

糖尿病療養指導士

がん専門薬剤師()山室蕗子

山室 蕗子

日本医療薬学会認定薬剤師、日本医療薬学会がん専門薬剤師
日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師
日本静脈経腸栄養学会栄養サポート(NST)専門療法士

がん薬物療法認定薬剤師 喜多岡

喜多岡 洋樹

日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師
日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師
日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師
日本麻酔科学会周術期管理チーム認定薬剤師

薬剤科(後藤)

後藤 由起子

日本医療薬学会がん専門薬剤師
日本麻酔科学会周術期管理チーム認定薬剤師

薬剤科(吉田)

吉田 愛

日本静脈経腸栄養学会栄養サポート(NST)専門療法士
日本麻酔科学会周術期管理チーム認定薬剤師

・日本医療薬学会認定薬剤師2名
・日本薬剤師研修センター認定薬剤師6名
・日本薬剤師研修実務実習指導薬剤師3名
・日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師8名

その他アピールポイント

2015年学会発表

第54回全国自治体病院学会
「当院における抗菌薬適正使用チームラウンドの活動とその効果」 喜多岡洋樹

第42回日本小児臨床薬理学会
「新生児医療センターにおける薬剤師業務展開と展望」 喜多岡洋樹

第25回日本医療薬学会
「アレクチニブの肝機能障害に対し減量等の対応により治療継続できたー症例」 楠本将裕
「トラスツズマブ エムタンシン投与患者の薬学的管理」 後藤由起子
「小児の細菌性髄膜炎に対してバンコマイシンの持続点滴を行った1症例」 喜多岡洋樹
「薬剤師主導による外来化学療法カンファレンスの役割」 山室蕗子

第25回日本臨床外科学会(ランチョンセミナー演者)
「新規分子標的治療薬 エベロリムス導入時の薬剤師の裏方業務」 後藤由起子

日本医療マネジメント学会熊本大会
「チーム医療における病院薬剤師の役割」 近藤元三

2014年学会発表  8題
2014年論文・執筆  1題
2013年学会発表  8題
2013年論文・執筆  1題
2012年学会発表  9題
2012年論文・執筆 5題

注意事項

当院では、薬の説明書をお渡ししています。他の医療機関(病院・診療所・薬局など)を受診されるときには必ずお見せください。

院外処方について

院外処方とは、「院外処方箋」と引き換えに、患者さんが希望される保険調剤薬局で薬をお渡しすることです。一番便利な保険調剤薬局探しをお手伝いしますので、待合室前のファックスコーナーにご相談ください。

当院では、地域の保険薬局と連携し、患者さんにより安心で安全な医療を提供するために、平成29年3月18日より、患者さんの検査値の一部を院外処方せんに掲載することにしました。
※平成29年7月1日にWBC、Hb、PLTの検査結果の単位や基準値の見直しを行っております。変更前の検査値につきましては、単位などにご注意下さい。

  院外処方せんへの検査値等の表示について(PDF:407kb)
  院外処方せんに記載される検査値一覧(平成29年6月30日まで)(PDF:390kb)
  院外処方せんに記載される検査値一覧(平成29年7月1日から)(PDF:387kb)
  院外処方せんへの検査値記載について(保険薬局薬剤師用)(PDF:367kb)

医薬品の適正使用による患者さんの安全と安心、医薬品の適正使用は情報と連携から

  ※掲載されている写真は一部地震発生前の内容となっております。

正確な秤量(散剤鑑査システム)
医療スタッフ、患者さんの問い合わせに対応。厚生労働省、製薬会社、論文等から情報提供します。
薬剤課1

注射薬供給、抗がん薬調製では、患者さん一人一人に合わせた投与方法、薬剤量を検討します。

薬剤課2.fw

チーム医療をすすめ、安心安全な薬物療法を提供します。

薬剤課3

自動錠剤棚、バーコード識別調剤システム、アンプルピッカー(注射薬自動払出機)などを使用することで、過誤防止、医療安全に貢献しています。

薬剤課4
薬剤課

担当者からのメッセージ

多くの薬剤師が薬の専門職として業務を行っており、外来や病棟においてはチーム医療の一員として協働しています。最新の薬物療法を学ぶため、積極的に学会に参加し、情報収集や情報発信をしています。