部門紹介【栄養管理技術室】


重要なお知らせ

平成28年4月熊本地震の被害により、栄養事務室及び調理室(北館1階)が、使用不可となり患者給食を停止しておりましたが、平成29年1月20日に一般病棟10床が新設され、 調理室を新館5階(栄養事務室は新館4階)に移設し、給食業務を再開しております。

栄養管理技術室の特色

医療を支える栄養管理

私たちは患者さんの立場にたって安全で美味しい食事作りをめざしています。

栄養相談(入院・外来)

医師の指示のもと、患者さんの病状やライフスタイルに応じて、きめ細かく相談を行っています。また、年々増加している糖尿病の重症化予防のため、医師・看護師とともに、糖尿病透析予防チームとして患者さんのサポートを行っています。

生活習慣病教室

市民の皆様を対象に、糖尿病教室を毎月開催しています(無料)。
詳しい日程などは、随時『市政だより』に掲載しています。

入院中の食事

糖尿病食や腎臓病食、消化管の術後食をはじめ嚥下訓練食まで、個人の病状や必要栄養量にあわせて治療を目的とした食事(100種類)を提供しています。また食欲のない時や嚥下障害がある方なども個別に対応もしています。
温冷配膳車を利用して温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、食事をお届けしています。また、NICU病棟では、栄養士が調乳作業を行っています。

★行事食・・・季節の食材使ったメニューや、各イベントごとに行事食を実施しています。

★選択メニュー・・・普通食や幼児食など一部の食事を召し上がっている患者さんに、週3日(水・木・金の朝食・昼食)実施しています。(現在は中止しております)

調理風景

調理風景

お正月メニュー

お正月メニュー

調乳作業

調乳作業(旧調乳室)

配膳風景

配膳風景

クリスマスメニュー

クリスマスメニュー

スタッフ紹介

栄養管理技術室室長園田 亮子

管理栄養士、NST専門療法士
病態栄養認定管理栄養士

他、管理栄養士4名(認定資格)

糖尿病療養指導士1名
NST専門療法士2名、病態栄養認定管理栄養士2名

栄養管理技術室スタッフ

その他アピールポイント

2006年より全科型NST(栄養サポートチーム)を立ち上げ、病院全体で栄養管理を行っています。また緩和ケアチーム、褥瘡チーム、感染対策チームの一員として、さらに各診療科の回診やカンファレンスにも参加し、栄養療法のアプローチを行い、患者さんに寄り添う栄養管理をめざしています。
(認定など)
当院は、栄養サポート稼働施設、教育認定施設に認定されています。
栄養管理・栄養サポートチーム実施施設(日本病態栄養学会)
栄養サポートチーム専門療法士認定教育施設(日本静脈経腸栄養学会)
栄養士・管理栄養士養成課程学生臨地実習施設

担当者からのメッセージ

超高齢化社会を迎えますます食の役割は大きくなりつつあります。患者さんの一日も早いご回復のために、病院食を美味しく食べていただき心と体を癒やしていただけるよう管理栄養士、調理師共々、心を込めて作っております。食事に関するご質問やご要望がありましたら、ご遠慮なく管理栄養士におたずねください。