部門紹介【感染対策室&ICT】

感染対策室&ICTの特色

厚生労働省の感染対策指針に基づいた質の高い院内感染対策のため、感染対策室とICTが中心となって活動しています。感染対策室は感染対策委員会との連携により、院内の感染症発生状況の把握、分析、対応立案を、ICTは医療現場の指導、対応など実動的活動を中心に行っています。現在、入院病床は休床中のため、外来関連の部門を対象に活動しています。

主な活動

(1)微生物検査室より外来における黄色ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌などの薬剤耐性菌や、結核菌、アデノウイルスなどの検出状況について、情報の把握、指導、対応を行っています。

(2)現在、入院病床は休床中のため、外来部門のスタッフのアルコール手指消毒剤使用量などをモニターし指標とすることで、外来における感染対策の実践が適切かどうかを評価しています。

(3)多職種のICTメンバーで定期的に院内ラウンドを行い、感染対策についての監視・指導を行っています。

(4)院内感染対策に関して、全職員を対象とした講習会を行っています。毎月ICTニュースを発行するなどの情報提供も行っています。

(5)感染対策マニュアルの整備・改訂・周知を行っています。

スタッフ紹介

感染内科(岩越)

感染症内科部長岩越 一

日本感染症学会専門医、ICD(インフェクションコントロールドクター)