部門紹介【医療安全対策室】

医療安全対策室の特色

当院医療安全対策室は、平成18年5月に設置され、医療安全対策部長をはじめ、専従の医療安全管理者を中心に、職種の壁を越えた組織横断的な安全管理を担っています。また、スタッフ一人ひとりが安心安全な医療を提供するため医療の質の向上、安全性の確保に積極的に取り組んでいます。

主な活動

インシデント・アクシデント事例の集計・分析、問題点の整理

現場のスタッフのヒヤリハットや、医療事故に結びつく可能性がある事例に遭遇した際、インシデント報告制度を定めています。医療安全対策室は、インシデントレポート提出の促進を図り、事例の集計および分析をして問題点 を整理し改善点を抽出。防止策を検討し、再発防止策の実行に 努めています。

医療を安全に行うための院内のルール作り

院外の情報を収集するだけでなく、現場の声を活かした業務手順の見直し、マニュアルの改訂 を常に行っています。

院内スタッフへの働きかけ

医療現場は常にエラーが起こりうる場であり、安全を守る意識を持つことは 重要かつ不可欠です。安全な医療を提供するため、コミュニケーション やヒューマンエラーのメカニズムを学ぶ研修会の他、5S活動、KYTの推進など安全研修に取り組んでいます。

ご意見やご要望などの相談について

ご意見やご相談などは、総合案内そばの「患者相談窓口」で受け付けております。
診療、安全に関する事は医療安全対策室へ報告され、対応する仕組みとなっております。

スタッフ紹介

呼吸器内科(福田浩一郎)

副院長 医療安全対策部部長福田 浩一郎(S55年卒)

副看護部長 医療安全対策副部長倉田 直子

看護師長 医療安全対策室長高瀬 正樹

その他アピールポイント

院内ルールの活用のため、医療安全管理ポケットマニュアルを作成しています。
平成18年4月に初版を作成、3年毎の改訂を行い業務に役立てています。

担当者からのメッセージ

医療の質の向上と安全性の確保は、最優先で取り組むべき課題の1つです。
安全対策ルールの作成だけでなく、患者さんとスタッフ間でよい関係が築けるように努力して参ります。患者さんのご協力も合わせてお願いいたします。