センター紹介【内視鏡センター】

内視鏡センターの特色

「安全・正確に」をモットーに、当センターでは消化器(上部消化管:口から十二指腸、下部消化管:肛門から小腸下端)の内視鏡検査を行っています。
当センターでは最先端画像(ハイビジョン画像、NBI:狭帯域光観察)に対応する電子内視鏡システムを用いることにより、安全で正確な検査を行い、小さいがんなどの発見に努めています。また、精密検査や組織検査(生検)を行うとともに、さまざまな内視鏡治療を積極的に行っています。
健診後の精密検査を目的とした内視鏡検査を実施しており、依頼(紹介)検査・処置(治療内視鏡検査)等も行い、地域医療施設・患者さんの医療ニーズに対応しています。エビデンスとガイドラインに則り、最新方法による安全な治療を行っています。

各検査と治療

上部 (胃)
各検査と治療
ヘリコバクター・ピロリ検査、ポリープ切除術、
早期がん切除術、消化管異物摘出術胃瘻造設・交換術、
止血術(クリップ・薬剤局所注入・アルゴンプラズマ凝固)
下部 (大腸)
各検査と治療

ポリープ切除術、早期がん切除術、止血術

その他アピールポイント

胃内視鏡検査(予約・当日検査あり)

※検査当日は食事を摂らずに御来院ください
<大腸> 予約検査 ※食事制限・下剤(前日・当日)あり

受診予約について

直接予約はできません。各診療科を受診のうえ予約となります。

担当者からのメッセージ

清潔で安全、正確な検査と治療を心がけています。静脈麻酔も従来に比べ検査が大変楽に受けられるようになりました。疑問や不安な点がありましたら、スタッフにご相談ください。