生活習慣病医療

偏った食生活や運動不足、肥満、ストレス、飲酒、喫煙・・・。
生活習慣病は若い頃からの長年に渡る好ましくない生活習慣の積み重ねによって起こる病気の総称です。日本では食生活の欧米化が生活習慣病増加の一因だと言われていますが、高血圧や脂質異常症、糖尿病、肥満を引き起こし、自覚症状がないまま体の中で動脈硬化が静かに進行します。そして脳梗塞や脳出血といった脳血管疾患、心筋梗塞をはじめとする心臓病、さらには肝臓や腎臓、肺など多くの臓器に障害を起こしてしまいます。

市民病院では、これらの生活習慣病の予防や治療に力を入れています。

主な生活習慣病