がん医療

がん診療連携拠点病院としての役割

がん診療連携拠点病院とはがん診療の地域格差を無くし質の高いがん医療を提供するために、地域の中核となる病院です。そして厚生労働省が、都道府県からの推薦を受け整備指針に基づき指定します。平成17年1月17日熊本市民病院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、指定更新を続けています。当院としてもさらなる体制整備を行っていますが、ここに簡単に紹介させていただきます。

地域がん診療連携拠点病院の指定要件について

1.集学的および標準的治療等の提供

 我が国に多いがん(肺、胃、肝、大腸及び乳がん)、その他専門とするがんについて、手術、放射線療法及び化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療及び緩和ケアを提供する体制を有するとともに、診療ガイドラインに準ずる標準的治療等がん患者の状態に応じた適切な治療を提供すること。そして、クリティカルパス(※1)の整備、キャンサーボード(※2)の設置と定期的な開催が求められていますが、平成20年から実施しています。

2.化学療法の提供体制

 急変時等の緊急時に化学療法を提供する当該がん患者が入院できる体制の確保と化学療法のレジメン(※3)の審査を行う委員会の設置などですが、これも実施しています。

3.緩和ケアの推進

 緩和ケアについては「治療の初期段階から緩和ケアの実施」を取り組むべき課題として位置付けており、がん患者とその家族が可能な限り質の高い療養生活を送れるようにするため、身体症状の緩和や精神心理的な問題への援助などが積極的な治療と平行して行われることが求められており、体制の整備が必要です。 そこで当院では緩和ケアセンターを平成21年9月に開設し、専任医師、専従看護師さんに就任していただきました。そして外来を10月から毎週木曜日に開設し、緩和ケアの受付窓口を相談支援センターに置き、活動を行っています。

 当院では、厚生労働省健康局長通知「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」、日本緩和医療学会PEACEプロジェクトにのり、年に1回緩和ケア研修会を開催しています。がん診療に携わるすべての医師が緩和ケアについて学ぶ場をつくること、その場にて他の医療スタッフも同時に参加し、知識を深めることを目的としています。

緩和ケア研修会について
緩和ケア研修会修了者(PDFファイル)

4.病病連携・病診連携について

 前述の緩和ケアのみならず、地域連携クリティカルパスを活用するなど、地域の医療機関等と協力することも要件であり、その連携パス作成も終わり、平成22年度から実施しています。

5.セカンドオピニオン

 手術、放射線療法又は化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師によるセカンドオピニオンを提示する体制はすでに整い、実績を上げています。

6.その他、情報の収集提供体制など

 医療施設としては年間の入院がん患者数が1200人以上あることが望ましい、とされていますが、昨年の患者数は十分にクリアしています。

(1)相談支援センター

 院内外のがん患者及び家族並びに地域の住民及び医療機関等からの相談に対応する体制として、当院では相談支援センターをすでに開設し、活動しています。この活動内容については別途紹介させていただきます。

(2)院内がん登録

 がんの罹患や転帰その他の状況を登録・把握し、分析する仕組みであり、がん患者数・罹患率、がん生存率、治療効果の把握など、がん対策の基礎となるデータの把握のために必要なもので、当院ではすでにその業務を行っています。

(3)その他

 臨床研究の概要及び成果を広報し、参加中の治験については対象であるがんの種類及び薬剤名等を広報することが求められており、ホームページで公開しています。また、トランスレーショナル・リサーチ(※4)、多施設共同臨床研究、QOL維持向上に関する研究などの推進も求められており、当院におきましても進めていくべきと考えています。 このように、がん診療連携拠点病院の要件は多岐に及んでいますが、当院ではすでに多くをクリアしています。がん診療は当院におきましても大きな柱の一つであり、さらに求められることは患者を中心としたチーム医療であると考えます。今後ともスタッフ一同、患者さん及び家族の満足度を上げるべく取り組んでいきたいと思

※1 クリティカルパス
入院から退院までの診療を各部門や職種が相互に連携して効率的に実施するための計画手順を示した図表
※2 キャンサーボード
手術、放射線療法及び化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師や、その他の専門医師及び医療スタッフ等が参加し、がん患者の症状、状態及び治療方針等を意見交換・共有・検討・確認等するためのカンファレンス
※3 レジメン
抗悪性腫瘍薬、輸液、併用薬などが時系列に沿った治療計画書
※4 トランスレーショナル・リサーチ
基礎研究の成果を画期的な医薬品等の開発研究に結びつけるための橋渡しとなる基盤的な技術開発のための研究

がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院

質の高い医療を提供し、地域医療に貢献できるよう努力しております。
平成17年1月17日熊本市民病院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、平成20年2月8日には指定更新を受けることができました。
平成18年4月1日厚生労働省はがん医療水準の均てん化の実現に向け、がん診療連携拠点病院の整備に関する指針を策定しました。主な内容は、質の高いがん医療の提供のための体制確立、緩和医療の充実、地域の医療機関との診療連携、在宅療養の支援、患者・家族に対する相談支援機能の強化です。平成19年4月にがん対策基本法が成立、6月にはがん対策推進基本計画が策定され、10年内のがんによる死亡者の減少、がん患者・家族の苦痛軽減と療養生活の質維持向上を全体目標として、がん診療連携拠点病院には達成に向けての取り組みが求められています。
熊本市民病院は今後も総合病院としての特長を生かし、地域の医療機関と密接な連携をとりながら、がん医療従事者の研修や緩和ケアの推進、がん相談支援、がんに関する情報の収集・提供(地域・院内がん登録)などを行い、地域医療に貢献していきたいと考えております。

熊本市民病院のがん医療への取り組み―がん診療委員会―

当院では悪性腫瘍集学的検討委員会を平成9年に設け、関連委員会や各部署と連携しながら、がん医療への取り組みを行っています。

がん治療セミナー・診断セミナー(年10回)
がん看護セミナー(年2回)
合同キャンサーボード(毎月)
乳がん診療チーム 乳がん勉強会(毎月)
緩和ケアチームラウンド(毎週)
NST委員会(毎月)
血液・腫瘍内科チームカンファランス(毎週)
緩和ケア研修会(年1回)

診療機能の強化

集学的治療や診療ガイドラインに準ずる治療

外来化学療法センター 10床
治療症例
2009年 4387
2010年 3950
2011年 3682
2012年 3618
2013年 4018
化学療法のレジメン登録(平成20年2月からスタート)

がん相談支援機能の強化

当院では悪性腫瘍集学的検討委員会を平成9年に設け、関連委員会や各部署と連携しながら、がん医療への取り組みを行っています。

セカンドオピニオン外来 平成19年1月4日開設

総合相談窓口の開設 従来からの病診連携室と看護相談窓口を平成18年5月一体化、専任の看護師を配置し、患者家族の相談支援の機能向上を計っています。総合相談窓口を受付とした、がん患者相談支援センターを地域医療連携室に設けています。ご相談は遠慮なく、総合相談窓口へお出でください。

緩和医療の提供

緩和医療チームを発足し、平成19年5月1日から麻酔科・精神科の医師を中心に薬剤師、看護師、栄養士が病棟回診(週1回)をしています。
また、平成21年10月1日より緩和ケア外来を開設いたしました。

研修施設

日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設に認定
指導薬剤師(近藤元三)
日本医療薬学会がん専門薬剤師(山室蕗子)
日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師研修施設に認定
日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師(喜多岡洋樹)
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医研修施設に認定
暫定指導医(津田弘之、岸 裕人)
がん薬物療法専門医・指導医(岸 裕人、辻 隆宏)
日本がん治療認定医機構認定研修施設に認定
がん治療認定医(津田弘之、横山幸生、井上雄二、古澤光浩、桑原朋広、岸 裕人、奥村恭博、太田和俊)
暫定教育医(津田弘之、横山幸生、岸 裕人、太田和俊)

医療従事者研修事業

地域がん診療連携拠点病院研修セミナーの開催
がん治療セミナー がん診断セミナー がん看護セミナー 合同キャンサーボード

地域住民への啓発活動

市民のための健康講座(毎月、当院会議室で開催)
出前講座 随時、市民の皆さまのところへお伺いして、がんの予防についての講演を行っています。

がん登録・がん診療統計

熊本市民病院では、1981年から院内がん登録を開始しています。

がん登録件数

  • H21 1087
  • H22 1069
  • H23 1195
  • H24 1069
  • H25 1037

敷地内全面禁煙、禁煙外来設置

平成20年1月1日より熊本市民病院は敷地内全面禁煙となりました。併せて禁煙外来を設けました。

前立腺がん検診

前立腺がん検診の特色

近年、日本では前立腺がんの患者数が急激に増加しており、16人に1人(6%)がかかると言われています。前立腺がんの可能性があるかどうかは血液検査で「PSA」という値を調べることで分かります。熊本市のPSA検査受診率はわずか10-20%、そのため転移がんが30%を占めています。症状のない早期がんを発見するにはPSA検査を受けるしかありません。みなさんが検診を受けられることで転移がんの割合は確実に低下し前立腺がんで亡くなる方は減少します。(米国ではPSA検査受診率が75%と高いため転移がんの割合はわずか3%です。)
当院では採血から1時間で結果をご説明できます。50歳を過ぎたら1回はPSA検査を受けられることをおすすめします。

内容

前立腺がん発見のため検診腫瘍マーカーでありますPSAの採血検査のみです。
PSA検査は血液検査で前立腺がんを見つける簡便な検査法です。
「前立腺」「特異」「抗原」の英語(Prostate Specific Antigen)の頭文字をとってつけられました。
PSAは、前立腺でつくられるタンパク質の一種で、健康なときも血液中に存在しますが、前立腺がんが発症すると大量のPSAが血液中に流れ出すことから、前立腺がんの腫瘍マーカーとして用いられるようになりました。PSA値が高いほど前立腺がんの可能性は高くなります。
PSA値が4より高ければ、前立腺がんを疑い、PSAが10で3分の1、20で半分、50以上ではほとんどの患者さんに前立腺がんが発見されます。

対象

50歳以上男性

予約枠

水・木曜日午後(予約可です))

診察時間

13~14時に受付後、採血を行います(採血室)。
15~16時に泌尿器科医が結果を説明いたします(泌尿器科外来)。

料金

1620円(PSA検査料+血液採血量+消費税)

予約について

泌尿器科外来受付 365-1711 内線1132 ご予約お問い合わせは14~16時の時間帯でお願いいたします。

担当者からメッセージ

前立腺がん検診の普及を第1の目的としておりますので、費用は必要最小限に設定しています。(検査判断料はいただいておりません。) 前立腺がん検診で当日に、しかも約1時間で結果をご説明できるのは熊本では当施設のみです。

泌尿器外来受付

096-965-1711 内線 1132
ご予約お問い合わせは14時~16時の時間帯にお願いいたします。

がん相談支援センター
外来化学療法センター
緩和ケアセンター