平成28年度 熊本市立熊本市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 181 35 11 33 31 38 107 110 129 43
当院は県下をカバーする総合周産期母子医療センターを有し、熊本都市圏における幅広い年齢層の患者さんの二次救急基幹病院としての役割を担っていました。平成28年4月16日熊本地震により、病院建物及び設備等大きな被害を受け多くの診療機能を失うこととなり、同日、入院310名の患者さん全て転・退院をしていただきました。平成31年度中に新病院開設を予定していますが、それまでの期間残された診療機能で外来25診療科と入院24床(NICU9床・GUC5床・一般10床)で診療を継続することとしています。このようなことから患者数全体数も昨年度よりかなり減り、年齢層についても当院の特色でもある新生児を中心に0歳代、10歳代が全体の約3割で顕著となっています。
 また、20歳代、30歳代、40歳代では患者数は少ないものの、地震被災前の期間の産科(出産)、婦人科系疾患が多く、耳鼻科領域、骨折や腸炎など整形、消化器疾患など多種多様でした。50歳代からは加齢に伴う腰部脊柱管狭窄症や大腸小腸の疾患が多くなり、60歳代では尿路疾患がこれに加わります。70歳代もほぼ同じ傾向ですが、白内障など眼科領域、肺炎など呼吸器疾患も増えています。
80代以上の高齢になると骨粗鬆症に伴う大腿骨近位部骨折と並び肺炎や心不全などが増えています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 11 2.73 3.36 0.00 21.64
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.46 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - 3.44 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当院では小児から成人までの斜視手術を行っておりますが、特徴としては小児の手術例が多いことにあります。眼瞼の手術は小児の睫毛内反や高齢者の眼瞼下垂手術、眼瞼内反症が対象疾患となっております。


血液腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 10 13.00 16.83 10.00 72.40
130030xx99x2xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等22あり - - 29.46 - -
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり - - 41.96 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
この実績は、熊本地震までの入院状況を示している。
熊本地震までの診療に関しては、悪性リンパ腫や急性白血病、多発性骨髄腫の化学療法や放射線照射などの治療を積極的に行っていた。現在は、治療対応が困難となっており、外来診療のみ継続中である。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 10 4.20 8.12 0.00 14.20
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.47 - -
030360xxxxxxxx 副鼻腔嚢胞、鼻前庭嚢胞 - - 7.42 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
【扁桃、アデノイドの慢性疾患:成人と小児がほぼ半数ずつとなっています。成人では習慣性扁桃炎が多く、小児ではいびきや睡眠時無呼吸を生じる様な、扁桃肥大・アデノイド増殖症が多くを占めています。慢性副鼻腔炎:薬物治療で改善のない場合などに、ほぼ全例、経鼻内視鏡下に手術を行っています。
副鼻腔嚢胞、鼻前庭嚢胞:歯齦部切開による副鼻腔手術を受けた後に嚢胞を生じることがあります。通常数年-数十年と長期間を経て、頬部痛、頭痛、複視など様々な症状を生じて診断されます。根治的には、慢性副鼻腔炎と同様の手術を行うことが多いです。】


小児循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 12.70 8.95 80.00 0.00
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 4.39 - -
14031xx101x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 完全型房室中隔欠損症手術等 手術・処置等2なし - - 40.36 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成28年4月16日の熊本地震以降、当院の病棟は閉鎖され入院診療ができない状況となりました。しかし、平成28年12月26日に新生児病棟(NICU9床・GCU5床)を、平成29年1月20日に一般病棟(10床)を開設し入院診療が可能となりました。当科は熊本県では唯一の循環器専門の小児科です。当科の入院患者は複雑な先天性心疾患が多いのが特徴で、生後から治療が必要な先天性心疾患を持つ重症な新生児を積極的に受け入れています。現在、当院では心臓手術はできませんので手術の必要な患者は県外の病院へ紹介しています。
新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 8.27 6.18 0.00 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 10 12.40 11.55 60.00 0.00
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等21あり - - 23.53 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
新生児内科で最も多い症例は、体重2,500g以上の呼吸障害などの赤ちゃんです。
2番目に多いのは、体重1,500gから2,500未満の低出生体重児で、人工呼吸管理などの集中治療が不要な赤ちゃんです。
3番目に多いのは、同じく低出生体重児のうち、人工呼吸管理などの集中治療を要した赤ちゃんになります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 11 15.64 27.63 90.91 85.73
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 - - 24.42 - -
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし - - 20.57 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
整形外科では大腿骨近位部骨折に対する人工骨頭挿入術及び骨接合術を多くの症例で施行しています。熊本地震の影響で症例数は減少しました。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
この実績は、熊本地震以前の16日間とそれ以後の制限の中での外来診療を継続した結果である。現在、入院診療は不可能であるが、外来で可能な検査は行っており、そのことにより少数ではあるが、初発のがんも診断している。新病院開設までの期間も、当院の機能の中で、出来る限り、がん診療に寄与していきたい。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 11 6.18 81.00
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
当院では重症度1の中等症の肺炎が多く、超重症は少なくなっています。病棟縮小の影響で重症患者の受入が困難になっており、全体の患者がかなり減っています。また重症では入院の長期化が予測された時点で転院されることも多く、在院日数は超重症でも長くはなっていません。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 11 12.45 78.27 83.33
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
熊本地震により入院が中止となりました。
それまでの入院は脳梗塞と一過性脳虚血発作が15名の入院です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 21 0.62 1.95 0.00 78.81
K2422 斜視手術(後転法) - - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
白内障手術は震災前までの症例数です。斜視手術と眼瞼内反手術は震災前の症例と震災後にH29.2月から当院で手術再開した症例を含みます。斜視手術は術式として後転法、前転法、斜筋手術などがあり、症例ごとに最も有効な術式を組み合わせて手術しております。統計上は後転法が最も多い術式となっています。小児に多い睫毛内反症は全身麻酔で手術を行っており、ほとんどの症例で再発しにくい皮膚切開法を選択しております。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
【指標の意義】
臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である播種性血管内凝固症候群、敗血症、真菌症、手術・術後の合併症について発症率を集計しています。
【指標の定義】
播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・術後の合併症について、入院契機病名(DPC6 桁レベル)の同一性の有無を区別して症例数と発生率を示しています。
【解説】
播種性血管内凝固症候群や敗血症は原疾患治療中に発生する合併症と考えます。
これらは重篤な合併症であるため、症例数、発生率について病院全体で減少に取り組んでまいります。
更新履歴