MENU CLOSE

がん診療

当院は、熊本地震前、がん診療の地域格差を無くし質の高いがん医療を提供するために地域の中核となる地域がん診療連携拠点病院として、地域のがん医療を担ってきました。

新病院となり、新たな環境で再度体制を整備し、地域のがん医療を担っていきます。

診療機能について

集学的治療などの提供体制および標準的治療等の提供

我が国に多いがん(肺、胃、肝、大腸及び乳がん)、その他専門とするがんについて、手術、放射線療法及び化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療及び緩和ケアを提供する体制を有するとともに、診療ガイドラインに準ずる標準的治療等がん患者の状態に応じた適切な治療を提供すること。そして、クリティカルパス(※1)の整備、キャンサーボード(※2)の設置と定期的な開催が求められていますが、平成20年から実施しています。
※1 クリティカルパス:入院から退院までの診療を各部門や職種が相互に連携して効率的に実施するための計画手順を示した図表
※2 キャンサーボード:手術、放射線療法及び化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師や、その他の専門医師及び医療スタッフ等が参加し、がん患者の症状、状態及び治療方針等を意見交換・共有・検討・確認等するためのカンファレンス

その他