個人情報について

当院では、患者さんに最善の医療とよりよい患者サービスを受けていただくために、必要な個人情報を適正に取り扱い、保護するために以下の方針に基づく取り組みを推進いたします。

1. 当院は個人情報保護に関する法律を遵守し、患者さんの個人情報を厳重な管理のもとに取り扱っております。
2. 原則として、患者さんご本人の診療、病院の運営管理、医療保険事務等への利用を目的として必要な範囲においてのみ患者さんの個人情報を収集しております。

利用目的の例

院内での利用

・当院での医療サービスの提供
・医療保険事務
・入退院等の病棟管理
・会計・経理
・医療事故等の報告
・患者さんへの医療サービスの向上
・当院内において行われる医療実習(医学生・看護学生等)への協力
・医療の質の向上を目的とした当院内での症例研究
・当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務およびその委託
・その他、患者さんに係る管理運営業務

院外への情報提供としての利用

・他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
・他の医療機関等からの照会への回答(法令等に定めがある場合を含む)
・患者さんの診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
・検体検査業務の委託及びその他の業務委託
・ご家族等への症状説明
・審査支払機関又は保険者へのレセプト(診療報酬明細書)の提出、照会への回答
・公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
・事業者等から委託を受けて行う健康診断等における事業者等へのその結果の通知
・医師賠償責任保険などに係る医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
・その他、医療・介護・労災保険、及び公費負担医療に関する診療費請求のための利用
・がん診療拠点病院に係る国、県の機関への届出
・個人情報を匿名化した上での学会・研究会等での利用及び情報の提供

その他の利用

・医療サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
・外部監査機関への情報提供
・当院では、患者さんの個人情報を適正・安全に取り扱うために責任者を置き、委員会を設置して職員の研修、監査等を行っております
・患者さんの個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、及び漏えいを防止し、安全で正確な管理に努めております
・当院では、患者さんご本人からの個人情報の開示、訂正、利用停止等の要求に応じて、適切に対応しております

一般社団法人National Clinical Database (NCD)の外科手術・治療情報データベース事業への参加について

熊本市民病院では、日本全国の手術・治療情報を登録し,集計・分析することで医療の質の向上に役立て,患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトである一般社団法人National Clinical Database (NCD)の外科手術・治療情報データベース事業に参加しています。
 全国の医療施設診療科の協力により,手術を行っている施設診療科の特徴,医療水準の評価,適正な外科専門医の配置,手術を受けた方の予後,これから手術を受ける方の死亡・合併症の危険性,などを明らかにすることができます.また,今後は,本事業に登録していただいた症例のみを用いて,各専門医制度の申請が行われるようになる予定です。

登録対象のデータ

 2011 年1 月1 日以降,各施設診療科で行われた手術と治療に関する情報全て
(※患者さんの情報は、個人の特定ができないよう、匿名化の上で登録いたします。)

※ 患者さん向けNCD説明文書(PDFファイル:約172kB)
※ National Clinical Database 事務局ホームページ