経営改善計画

熊本市民病院経営改善計画【改革プラン】

 平成19年12月に総務省から示された『公立病院改革ガイドライン』に基づき、平成21年3月に熊本市民病院経営改善計画【改革プラン】を策定し、自治体病院としての基本的役割、果たすべき役割、市民から期待されている医療機能を見直し、市民病院の持つ医療機能の活用とこれに応じた再編を行うとともに、市民への安定的な医療サービスを提供するため、経営の健全化に向けた取組みを行ってきました。
 
 現在、平成27年3月に総務省から新公立病院改革ガイドラインが示され、平成28年度までに、県が策定する地域医療構想を踏まえ、役割や機能を明確化し経営の効率化を図り、持続可能な病院経営を実現するために、新たな公立病院改革プランの策定を進めております。