トレーシングレポートの導入と運用について

2018.01.30

保険薬局薬剤師の皆様へ

熊本市立熊本市民病院 薬剤課

トレーシングレポート(薬剤情報提供書)の導入と運用について

平素より、当院発行の院外処方せんに応需いただき、ありがとうございます。
このたび、医薬品適正使用推進や医療安全の観点から、トレーシングレポートを導入することといたしました。緊急性を要さない服薬状況などに関する報告や処方内容に関する提案はトレーシングレポートをご活用いただけましたら幸いです。

1.トレーシングレポートとは

 患者さんからの聞き取り情報(アドヒアランス、残薬調整、複数病院受診、OTCや健康食品の服用)など、即時性の低い情報について医師へ情報をフィードバックするレポートです。*トレーシングレポートによる情報提供は疑義照会ではありません

2.目的

 保険薬局で「即時性は低いものの処方医師へ情報提供した方が望ましい」と判断された内容を薬剤課で集約し、医師へ情報伝達を行い情報の共有化を図ります。

3.流れ

保険薬局(情報提供が望ましい情報*即時性の低いもの)
  ↓
薬剤課(レポート内容を集約)
  ↓
処方医へ情報提供、処方医からの回答を保険薬局へフィードバック

4.利用方法

下記、トレーシングレポート様式をダウンロードして頂き、事項をご記入いただいた後、FAXにて薬剤課まで送信ください。なお、他の様式を利用いただいてもかまいません。
◆FAX:096-365-1827(熊本市民病院薬剤課)
◆様式:トレーシングレポート(熊本市民病院)(Excel:16KB)

5.お問い合わせ先

熊本市立熊本市民病院薬剤課
〒862-8505 熊本市東区湖東1-1-60
TEL:096-365-1711(内線1168)